川口の刑事事件に強い弁護士に相談する

川口弁護士

刑事事件に強い川口市の弁護士(泉総合法律事務所川口支店)

犯罪を犯してしまい、警察に逮捕されたり、検挙されたときは、犯罪を犯した被疑者はもとより被疑者の家族のその後の人生に重大な影響をもたらすものです。

埼玉県川口市、隣接する、埼玉県さいたま市南区、緑区、岩槻区、越谷市、草加市、戸田市、蕨市などに在住している方が刑事事件を起こしてしまったら、刑事弁護に精通した弁護士に刑事弁護をすることをお勧めします。

東京都をはじめとする首都圏の弁護士のほとんどは民事中心に弁護士活動をしており、刑事事件は通常は年に1件刑事弁護をするかどうかという程度の経験値しかありません。そのような刑事弁護の経験が乏しい弁護士に刑事弁護を依頼されるとあとで後悔するのが通常かと思います。

私ども泉総合法律事務所では、男性弁護士全員が刑事事件に取り組むこととしており、加えて、元検事の弁護士、刑事弁護専任の弁護士が多数在籍しており、被疑者の方が安心して刑事弁護をご依頼いただける体制を作り上げております。

参考:川口弁護士無料相談|川口駅から徒歩5分|泉総合法律事務所 川口支店

埼玉県川口市の特徴

埼玉県川口市は、埼玉県の中核都市の一つで、人口は60万人とさいたま市に次いで2番目に多い都市となっています。川口市や近隣の都市では、人口の多さもあり、刑事事件が大小をとわず日々多数起きているのが実情です。

刑事弁護活動例その1:暴行の身柄事件→釈放→不起訴

満員電車に乗って会社に向かっていたところ、満員電車で動いて手が被害女性のおしりに触れて、そのままおしりを触り続けて電車を降りる時に被害女性に取り押さえられ、駅員室に行った後にパトカーで警察署に連行されました。

警察署での取調べを受けたのですが、犯行を認めており、身元がきちんとしていたため、警察署の取調室で自らの犯行を認める上申書を記載して取り調べを終わり、家族が迎えに来て帰宅することができました。

このような状態で被疑者の方から不起訴にしてもらいたいとの依頼を泉総合法律事務所が依頼を受けました。被疑者に前科前歴はないことから示談を取り付けることで不起訴を勝ち取ることができると判断して示談活動に取り組みました。

被害女性から同じ電車に乗らないで済むように引っ越したいので引っ越し代を求められましたが、そうなると示談金がかなり高くなることや当法律事務所の過去の弁護経験では痴漢で引っ越したことがなかったことなどから、誠意をもって粘り強く交渉を続けた結果、被害女性に近づかないことを確約することを示談書に織り込むことで示談金も適正な金額で示談が成立しました。

示談が成立したことで検察官は不起訴処分とし、会社に発覚すれば懲戒解雇となるところ、懲戒解雇も免れることができました。

弁護士法人泉総合法律事務所は1都3県の首都圏に36拠点事務所を展開し、どの拠点でも刑事弁護に取り組んでおります。埼玉県では、川口支店のほか、大宮支店、川越支店、所沢支店、越谷支店、春日部支店があります。

安心で明確な弁護士費用で刑事弁護をご提供

泉総合法律事務所は、できるだけ多くの方に当所の刑事弁護を利用いただけるよう、適正な弁護費用を心がけており、在宅事件ですと、諸々の成功報酬を入れても総額50万円前後です。

川口支店へのアクセス

川口支店へのアクセス方法はこちらをご参照ください。