弁護経験豊富な弁護士が語る!痴漢冤罪の対処法

痴漢

痴漢冤罪の対処法

1.痴漢の冤罪はどのような場面で発生するのか?

痴漢はばれにくい満員電車の中で発生します。誰が触ったか痴漢したか分からないので、痴漢してもばれないからでしょう。あまり混んでいない電車内で痴漢をしてしまうのは、酔っぱらって触ってしまったというケースがほとんどです。

しかし、痴漢をしていないのに、被害女性や近くにいた目撃者に痴漢と誤解される「痴漢冤罪事件」は稀に発生します。

2.冤罪でも痴漢したとみなされたらどんな流れになる?

被害女性や目撃男性に腕などをつかまれ、次の停車駅で降車させられて駅員室に連行され、パトカーや警察官が駆け付けて警察署に連行されます。

警察署では痴漢の「被疑者」から痴漢をした事情、経緯を聞き取ります。同時に被害女性や目撃者からも、痴漢行為の内容や目撃状況などを聞き取ります。

3.冤罪の対応方法〜どうやって証明する?〜

以下の場合、警察は痴漢の「被疑者」が、実は痴漢行為をしていない可能性があると考えることもあります。

・被害女性や目撃者の証言にあいまいなところがある
・満員電車内の事情から被疑者とは別の者が痴漢をした可能性が強い
・痴漢と疑われた当初から痴漢をしていないことを伝えている
・駅員室へも自ら進んで出向き、駅員にもきちんと説明した
・痴漢と誤解された当時の体や腕の位置などから、痴漢行為をできる場所的状況にないことを具体的に説明することができる

その場合には、被疑者の手の平の付着物を検査し、被害女性の衣服の繊維がついていないかどうかを調べ「後日呼び出すかもしれない」と告げて、痴漢の「被疑者」を解放します。

このようなケースで当所に今後どうなるか刑事相談に来られる方が結構いらっしゃいます。

私どもでは、実際に痴漢をしていないのであれば、被害女性の繊維が手の平から検出されることはないから心配はいらないこと、万一警察署から呼び出されたらその時に当所に刑事相談してくださいと伝えております。

しかし、その後警察署に呼び出されたと言って再度当所の刑事相談に来られた方はおりません。

4.慎重に捜査される可能性もある

結構前ですが、刑事裁判で痴漢冤罪を主張している方が無罪判決を受けたことから、警察は、痴漢冤罪もありうる(別の人物が痴漢行為をしている可能性がある)と、痴漢事件について慎重に対応していると思われます。

その意味では、痴漢に誤解されても痴漢行為はしていないと根拠を述べてはっきりと否定すること、駅員室に同行しても同様に痴漢行為はしていないとはっきり伝えることが望ましいと思います。

もっとも、そのような行動をとったからと言って、警察が常に先ほどのように手のひらの繊維検査をしてから解放するとは限りません。

5.痴漢冤罪を主張しても認められずに逮捕

痴漢をしていないという具体的根拠を述べて主張しても、被害女性の証言、目撃者の証言や電車内の状況から、警察は「痴漢した」と判断することが多いと思います。警察が冤罪の主張を受け入れてくれない場合には、「被疑者」として、任意取り調べではなく逮捕をして取り調べとなります。

逮捕は2日間ですが、2日間経過で釈放されることはありません。警察は被疑者が否認している場合にはさらに取り調べる必要があると判断したり、否定している場合には証拠隠滅や逃亡の恐れがあると判断したりして検察庁に身柄送検します。

検察庁に送検されると検察官が被疑者を取り調べます。被疑者の「痴漢冤罪だ」との言い分も聞いてくれますが、単に言い分を聞くだけで納得してくれることはありません。

検察官の勾留請求

他の事件でもそうですが、被疑者が容疑を否認している場合には、検察官は証拠隠滅や逃亡の恐れがあるとの理由で10日間の勾留を裁判所に請求することになります。裁判官は検察官の勾留請求を受けて被疑者に被疑事実に質問し、また、被疑者の言い分を聞きます。これを勾留質問といいます。

準抗告が許容されない

裁判官は被疑者が容疑を否認していると、検察官と同様に証拠隠滅や逃亡の恐れがあり勾留の要件を満たすと判断して勾留決定します。ここで1人の裁判官の下した勾留決定を取消すために3人の裁判官からなる裁判所の準抗告という裁判を提起することも考えられますが、今までの経験では準抗告が認容されたことはありません。

痴漢と誤解され逮捕されて2日間、勾留で10日間、さらに勾留延長されたら10日間、合計22日間身柄拘束されます。痴漢冤罪となり逮捕されれば、会社を無断欠勤などで解雇されるなど深刻な状況になってしまうのです。

【参考】弁護士が語る!痴漢の様々なケースと逮捕・示談の流れ

6.痴漢冤罪で逮捕されたら泉総合法律事務所へ

当弁護士法人では、様々な痴漢事件に取り組んでおります。痴漢の疑いをかけられ不安に思っている場合にはお早めにご相談ください。

また、痴漢冤罪で逮捕されてしまっても、当所の弁護士が被疑者の方を全面的にバックアップし、勾留阻止・身柄解放を目指します。

刑事事件コラム一覧に戻る