自首・出頭をする時、弁護士に同行してもらった方がメリット大?

自首

自首・出頭をする時、弁護士かに同行してもらった方がメリット大?

犯罪行為をしてしまい、刑事事件となって逮捕されてしまいそうなとき、自首して自ら警察に出頭すべきかどうか、悩んでしまうことがあるでしょう。
このようなとき、弁護士が同行すると、いろいろなメリットがあるものです。

今回は、自首・出頭をする意味と準備方法、弁護士が同行するメリットについて、刑事事件に詳しい弁護士が解説いたします。

1.自首・出頭の違い

一般的に、「自首すると、刑罰が軽くなる」と思われていることがあります。自首に似た言葉として「出頭」もあります。
自首」と「出頭」は何が異なるのか、ご存知でしょうか?

まずは、言葉の意味から確認しましょう。

(1) 自首とは

①自首が成立するための要件

自首とは、捜査機関が犯罪や犯人を把握していない段階で、犯人が自ら警察や検察に犯罪を申告し、処罰を求めることを言います。
つまり、自首が成立するためには、「まだ捜査機関に発覚していない」ことが必要です。

犯罪自体が発覚していない状態で警察に行っても自首が成立しますし、犯罪自体は発覚していても「誰がやったかわからない」という犯人不詳の状態で警察に行った場合にも、自首は成立します。被害者や目撃者には知られていたとしても、警察などの捜査機関に知られていなければ、自首は成立するのです。

刑法42条にも、以下のように規定されています。

「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」

反対に、自分が犯罪を犯したことが既に発覚しており、手配されている状態で警察に行っても「自首」は成立しません。

②自首すると、刑が減軽される

自首が成立すると、裁判所が刑罰を適用するときに、「減軽することができる」とされています。そこで、自首すると、捜査機関に見つかって逮捕されるケースよりも、刑罰が軽くなる可能性が高いです。

自首で犯罪が減軽される理由は、自首している犯人は反省していると考えられることや、自首減軽の制度を作ることによって自首を促し、難しい犯罪の捜査状況を改善することなどです。

(2) 出頭とは

それでは、「出頭」とはどのようなことなのでしょうか?
出頭は、犯人が警察や検察などの捜査機関に出向くこと一般を指します。

犯罪事実や犯人が誰であるかと言うことを知られていない状態だけではなく、こうした事実が明るみになっていて手配されている状態でも、犯人が捜査機関に出向くと「出頭」です。出頭は、自首より広い概念であるということになります。

出頭したからと言って、刑の減軽を受けられるとは限りません。自首が成立すれば減軽が行われますが、そうでない場合には刑法上の自首減軽事由に該当しないからです。

また、出頭したら、その場で逮捕される可能性もあります。
ただし、自ら出頭した場合には、情状は良くなるので、出頭しないケースよりは刑罰が軽くなるのが通常です。

(3) 自首と出頭の違い

自首と出頭の一番の違いは「犯罪」や「犯人」が捜査機関に発覚しているかどうかということです。
犯罪や犯人が発覚していない場合には「自首」となりますし、発覚していたら単なる「出頭」です。

もう1つの違いは、刑罰の減軽があるかどうかということです。自首が成立したら、法律によって刑の減軽を受けることができますが、単なる出頭の場合には、減軽は行われません。情状が良くなるという程度です。
そこで、逮捕前に捜査機関に出頭するならば、できるだけ犯罪や犯人の発覚前に、自主的に出頭して「自首」を成立させ、「減刑」を受けることが大切です。

2.自首・出頭することのメリット・デメリット

次に、自首や出頭をすることのメリットとデメリットをご説明します。

(1) メリット

①刑が軽くなる

1つ目のメリットは、刑が軽くなる可能性が高いことです。
自首が成立する場合には、裁判になったときに大きく刑を減軽してもらうことができます。具体的な減軽の基準は、以下の通りとなっています。

  • 死刑を減軽するときには、無期懲役もしくは禁固または10年以上の懲役もしくは禁固とする
  • 無期懲役や無期禁固を減軽するときには、7年以上の有期の懲役または禁固とする
  • 有期懲役または禁固を減軽するときは、長期と短期を2分の1にする
  • 罰金を減軽するときには、多額と寡額を半額にする
  • 拘留を減軽するときには、長期を半分にする
  • 科料を減軽するときは、多額を半額にする

死刑、懲役や罰金、拘留、科料、すべての刑において、相当な厳刑を受けることができることがわかります。
また、自首が成立せず単なる自主的な出頭のケースでも、現実的には情状酌量によって相当な刑罰の減軽を受けられることが多いです。

特に重罪を犯した場合、自首・出頭するかどうかで適用刑罰が全く変わってくる可能性があるので、できるだけ勇気を出して自首・出頭するべきです。

②起訴されずにすむ可能性が高まる

比較的軽い犯罪の場合には、自首によって起訴されずに済む可能性もあります。

犯罪が行われると、検察官は捜査を進めて最終的に起訴するかどうかを決定します。このとき、犯人の情状が良ければ、あえて起訴せずに不起訴処分で済ませることがあります。
特にある程度軽い罪で、犯人が自首した場合などには、かなり不起訴の可能性が高くなります。

犯人が逃げていて逮捕した場合には必ず起訴されるような事案であっても、自首したことによって起訴を免れる可能性があります。出頭しただけでも不起訴になる可能性はあるので、まだ逮捕されずに迷っているなら、早めに自首・出頭を決意された方が良いです。

③突然逮捕されずに済む

自首・出頭すると、当然のことではありますが、突然逮捕されずに済むことも1つのメリットです。

逮捕されたことがある方はわかるかもしれませんが、逃亡先でいきなり警察に逮捕されるのは、非常に気分が悪いものです。そのとき何かをしていても、問答無用で手錠をかけられたりして、強制的に連行されてしまいます。周囲に人がいてもおかまいなしですし、何の準備もできません。家族とも「突然の別れ」になってしまいますし、混乱させることも避けられません。

そのようなことであれば、きちんと家族に別れを告げて、自分から自主・出頭した方が、よほど良いです。

④気持ち的に楽になる

犯罪を犯して逃げている場合、気分的にはとても暗くなるものです。
まだ犯罪が発覚していなくても「いつバレるのだろう」とビクビクしながら生活しなければなりません。

すでに手配されている場合には「いつ、逮捕されるのだろう」と思いながら、こっそりと生活を続けていく必要があります。何かあったらすぐに転居を繰り返して、逃げ続ける状態が続きます。病気やケガをしても、病院に行くことすらままならないケースもあります。

このように、常に神経の休まることが無い状態で生きていくのは、辛いものです。家族とも自由に会えませんし、一緒に過ごしている場合には、家族にもひっそりとした生活を強要することになり、迷惑をかけます。
自首・出頭したら、このような張り詰めた生活から解放されます。たとえ留置所や刑務所に行くことになっても、ずっと気が楽です。

このように、自首・出頭したらたくさんのメリットがあります。今、出頭を迷っているなら、決断された方が良いです。

(2) デメリット

それでは、自首や出頭にデメリットはあるのでしょうか?
確かに、デメリットがあるから、多くの犯罪者の方は自首・出頭せずに逃亡しているはずですから、ここで考えてみましょう。

①確実に刑事処分を受ける

自首・出頭をすると、確実に刑事処分を受けることがデメリットと言えるかもしれません。

たとえば、犯罪も犯人も発覚していない場合、ずっと逃げ続けていたらそのまま刑罰の適用を受けずに済む可能性もあります。
刑事事件の立件には、刑事時効があるからです。犯罪の軽重にもよりますが、犯罪が行われてから一定の年数が経過すると、時効にかかって、検察官は起訴できなくなってしまうのです。このことは、発覚していて手配されていても、同じことです。

ただ、日本の捜査機関は非常に優秀です。特に重大事件の場合、かなり高い検挙率を誇ります。捜査機関の手を逃れて、何年もの間逃げ続け、確実に刑事時効を迎えるのは相当困難です。その間に失うものも多いでしょう。

そのようなことであれば、早期に自首・出頭して刑の減軽を受けて、きっちり刑を終わらせて堂々と生きていく方が、よほど良いです。

②心理的な抵抗

もう1つのデメリットは、心理的に抵抗があることではないでしょうか。
確かに、警察や検察に自分で出頭して「捕まえて下さい」と言うのは、誰でも嫌ですし、恐ろしいという気持ちもあるでしょう。

しかし、やってしまったことは仕方がないのですし、逃げていてもいずれは捕まります。

気持ち的に抵抗感があっても、それを推して自首・出頭した方が、明らかに利益が大きいです。冷静になって将来のことを考えて、自首・出頭を検討しましょう。

3.自首・出頭に先立つ準備

自首・出頭に先立つ準備

自首や出頭をするとき、準備するものはあるのでしょうか?

(1) 説明や反省の書面を用意しておく

自首・出頭するときに、必ず必要なものはありません。
手ぶらで警察に行って、口頭でやってしまった犯罪の内容を説明しても、受け入れてもらえることはあります。

ただ、それではなかなかスムーズに進みませんし、確実に自首をしたという証拠も残りません。もちろん、口頭で自首をしたからといって捜査機関がもみ消してしまうということではありませんが、きちんと証拠に残していると、後になって裁判所にも見てもらうことができたりするので、情状が良くなる可能性があります。

そこで、できれば書面にして、以下のようなことを明らかにしておきましょう。

・犯してしまった罪の内容
反省していること
・そうであるからこそ、罪を償うために自首する気持ちになったこと

(2) 証拠物や資料も持参する

犯罪に関連する証拠物や資料があったら、一緒に持っていきましょう。警察が捜している可能性があるからです。

(3) 身の回り品やお金を持っていく

既に犯罪が発覚しており手配されている場合などには、出頭するとその場で逮捕される可能性があります。そうしたら、「一回家に戻って必要なものを取ってくる」「家族にお別れを言う」ことなどはできません。

そこで、自首・出頭するときには、最低限必要な身の回りの物やお金(留置場内や拘置所内では意外とお金が必要です)を用意して、持っていくべきです。

時間が許せば、家族とも会って、これから自首することとお別れを告げておくと良いでしょう。

4.自首・出頭時に弁護士が同行すべきか

以上のように、自首や出頭をすると刑罰が減軽されるのでメリットが大きいのですが、自首・出頭するときに弁護士が同行する意味はあるのでしょうか?

弁護士が自首や出頭に同行するときには、弁護士が、捜査機関に提出すべき書面を用意します。自分では、どのような書面を用意して良いかわからない場合や文章を書くのが苦手な場合でも、スムーズに自首することができます。

また、単なる犯罪事実の説明書だけではなく、弁護士の立場から捜査機関に対し、処罰を軽くするよう求める上申書や意見書も作成して提出します。このことにより、自分1人で自首するよりも、処分を軽くしてもらえる可能性が高くなります。
うまくいけば、逮捕や勾留されずに在宅捜査となり、そのまま家に帰してもらえる可能性も出てきます。

また、弁護士が同行してくれると、自首・出頭するときの心理的な負担もかなり軽くなるものです。1人ではなかなか警察署の方へ足が向きにくいものですが、弁護士と一緒なら覚悟を決めて、きっちり自首・出頭しやすいものです。

さらに、弁護士が一緒なら、捜査機関に出頭したときに不当な扱いを受けることもありません。そのようなことがあったら、弁護士が抗議をしますし、その後の捜査も行いにくくなって、捜査機関にとって良いことは1つもないからです。

以上のように、自首するときには、弁護士に同行を依頼すると大きなメリットがたくさんあります。自分一人で自首するよりもずっと良いと言えます。

5.刑事事件のサポートは泉総合法律事務所へ

犯罪を犯してしまったけれども、まだ逮捕されていない状態であれば、逃げずに自首・出頭すべきです。長い目で見ると、その方が絶対にメリットが大きいと言えます。

当事務所では、刑事事件に非常に力を入れており、自首・出頭される方のサポートも行っておりますし、警察に逮捕された後の対応も万全の体制で執り行っております。
これから自首・出頭をされる方や、本当に出頭しようかどうか迷われている方は、お早めにご相談下さい。

刑事事件コラム一覧に戻る