大和の刑事事件に強い弁護士に相談する

大和の刑事事件に強い弁護士に相談する

刑事事件は直ちに大和市の弁護士に相談を(泉総合法律事務所大和支店)

神奈川県大和市や近隣の東京都町田市、神奈川県横浜市(瀬谷区、泉区)、相模原市(南区)、座間市、藤沢市、海老名市、綾瀬市などに在住か勤務されている方で、刑事事件を起こしてしまった場合には、直ちに刑事弁護に強い弁護士に依頼することをお勧めします。

刑事事件は罰金刑でも前科となりその後の人生に様々な支障が出ることから、泉総合法律事務所は刑事事件の被疑者らに対する影響の重大さを受け止め、男性弁護士全員が刑事弁護に取り組み、どんな刑事事件対しても真剣に刑事事件に取り組んでおります。

大和市は人口が24万人前後と多い

神奈川県大和市は人口が24万人前後と多く、人口の2割が横浜市内、2割が東京都23区に通勤しております。近隣の東京都町田市、神奈川県横浜市(瀬谷区、泉区)、相模原市(南区)、座間市、藤沢市、海老名市、綾瀬市も含めれば刑事事件も多く起きております。

警察に逮捕されると、警察の留置場に留置され、逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れがあると検察官、裁判官に判断されると、10日間勾留されます(延長を入れると最大20日間勾留となり身柄拘束されます)。会社を解雇されたり学校から処分を受けたりしないようにするには、逮捕後ただちに刑事弁護に強い弁護士に弁護を依頼し、勾留を阻止して早期釈放を実現する必要があります。

刑事弁護活動例その1:淫行→逮捕→勾留決定→準抗告認容→釈放→不起訴

18歳未満の女性と性的関係を持ったため、青少年保護育成条例違反で逮捕された刑事事件で、家族から刑事弁護の依頼を受けたことがありました。その被疑者は逮捕されて検察庁に送検され、当所の弁護士が勾留阻止のため身元引受書や上申書、弁護士意見書を提出して勾留阻止活動を行いましたが、検察官の取り調べの結果裁判官に勾留請求をされました。

その段階で、当所の弁護士は裁判官に対して意見書などを提出するなどして勾留阻止活動をしたものの、裁判官も被害者に対する勾留質問の結果、勾留決定を下しました。

青少年保護育成条例違反の釈放活動

多数の刑事弁護経験から、青少年保護育成条例違反(淫行)の場合は勾留決定となることが通常と言えます。当所の弁護士は直ちに裁判所に対して準抗告という申し立てを行い、審理の結果、弁護士の主張が認められ、勾留の必要がないと判断されて勾留決定取り消しとなり釈放を実現することができました。

釈放により在宅事件に切り替わりましたが、淫行は痴漢とは違い被害者が個人ではなく社会の健全な風俗であるため、理論上18歳未満の女性、法律的には親権者である両親と示談することで不起訴になるわけではありません。

しかし、実務上は淫行では相手方女性の両親との示談が成立したかどうかがその他の事情とあわせて不起訴か略式罰金かの判断材料されることになります。

この刑事事件では、淫行の相手方両親から示談交渉を拒絶されましたが、贖罪寄付を行うとともに、再犯可能性がないことを裏付ける様々な対応措置を詳しく記載した意見書を検察官に提出した結果、不起訴処分となりました。

【参考】青少年保護育成条例違反・淫行で逮捕〜不起訴のために〜

刑事弁護活動例その2:痴漢→示談→不起訴

商業施設のトイレ内に他人が置き忘れた財布を盗った事件で、警察からの取り調べを受けて調書を作成し、検察庁に送検されてから泉総合法律事務所に刑事弁護依頼がありました。依頼後まもなく検察官から呼び出しを受けたため、検察官の取り調べへの対応の仕方を具体的に助言するとともに、弁護士から検察官に弁護人選任届を提出して、示談をするので処分を決定するのを待ってもらうよう検察官に交渉してから、被害者の連絡先を教えてもらい示談交渉に入りました。
示談交渉は比較的スムーズに行き示談が成立し、示談書を検察官に提出して不起訴処分となりました。

検察官に呼び出されてから弁護士に依頼するとなると、時間がかなり経過しているのが通常で示談交渉が難航したり、示談金が高くなる傾向がありますので、逮捕されていないからといって甘く考えることは禁物です。

刑事事件の被疑者になってしまったらすぐに弁護依頼を!

刑事事件で一番重要なことは、逮捕されない在宅事件でもすぐに刑事弁護経験豊富な弁護士に依頼することです。逮捕される身柄事件では、早期に弁護士に刑事弁護を依頼すれば、弁護士が速やかに勾留阻止活動を行うことで釈放が実現することも多数ありますし、示談交渉も早く行えば示談が成立する可能性が高まります。

泉総合法律事務所では、1都3県の首都圏に24拠点法律事務所を開設し、神奈川県では、大和支店のほか、藤沢支店、厚木支店、横浜支店、川崎支店、横須賀支店、小田原支店を開設しており、どの本支店でも釈放、不起訴を目指して、起訴前弁護に全力で取り組んでおります。
弁護士費用もできるだけご依頼しやすい設定をしております。詳細は刑事相談時にお尋ねください。

大和支店へのアクセス

大和支店へのアクセス方法はこちらをご参照ください。

大和市及び近隣の管轄裁判所、検察庁、警察署

裁判所

横浜地方裁判所
〒231-8502 神奈川県横浜市中区日本大通9

横浜地方裁判所 相模原支部
〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6-10-1

検察庁

横浜地方検察庁
〒231-0021 横浜市中区日本大通9番地 横浜法務合同庁舎
045-211-7600

横浜地方検察庁相模原支部
〒252-0236 相模原市中央区富士見6-10-10
042-752-2010

警察署

大和警察署

神奈川県大和市中央5-15-4
046-261-0110

管轄地域
大和市、綾瀬市

瀬谷警察署

神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町213-1
045-366-0110

管轄地域
横浜市瀬谷区