判例集

  • [公開日]

    痴漢事件

    痴漢事件では多くの事案で目撃証言の信用性が問題になります。痴漢犯人であることを争う場合は、被害者や目撃者の述べる犯行状況の不自然さ、事実との食い違いを暴く必要が…

  • [公開日]

    強制わいせつ事件

    強制わいせつ事件では、被害者とされた側が当時は同意していたかがよく争われます。また、被害者が一定年齢以下である場合同意があっても無効であることから、相手の年齢を…

  • [公開日]

    公然わいせつ事件

    目撃者が犯人の股間に注目するせいか、犯人と被告人の同一性が争われることが多いですが、仲間内で楽しんでいただけで公然ではないという主張もよく出てくる類型です。 最…

  • [公開日]

    盗撮事件

    カメラ機能付き携帯電話機の普及により近年とみに問題となっている類型ですが、具体的に何を撮影することが罪となるか明確にされていない場合が多いため、何気なく撮影した…

  • [公開日]

    強姦事件

    強制わいせつ同様、同意の有無や被害者は反抗できない状態だったかが問題となることが多い類型です。当事者の証言のほか、様々な事実をもとに多角的に判断されますので、弁…

  • [公開日]

    児童買春・児童ポルノ事件

    買春に関しては他の性犯罪と同様、同意の存在や年齢の認識が問題になります。被害者が若年であることから、その証言の信用性が争われる傾向にあります。児童ポルノに関して…

  • [公開日]

    暴行事件

    暴行とは人の身体に対する一切の不法な攻撃方法を指すとされており、殴る蹴るといった一般的なイメージとはかけ離れた行為に適用されることが時々ある類型です。近年は幼児…

  • [公開日]

    傷害事件

    傷害とは人体の生理的機能を害したり健康状態を悪化させたりすることをいい、多くは暴行によって発生しますが、そうでないものも存在します。 平成24年7月24日最高裁…

  • [公開日]

    脅迫事件

    昨今、ネットを通じた犯罪予告という形で残念ながらよく見かける類型です。多くの場合、脅迫された団体や警察の業務を妨げたとして、業務妨害罪にも問われます。 平成27…

  • [公開日]

    器物損壊事件

    壊すなどして物の価値を失わせることで、一般に軽微な犯罪とされていますが、意味合いによっては厳しく処罰される場合もあります。動物を逃がす、食器を汚すなど、壊す以外…

12