警察に呼ばれた

警察に呼ばれた・逮捕されそう

警察の捜査は証拠隠滅や逃走されないように、犯人に分からないよう秘密裏に行われます(これを内偵といいます)。そのため、突然、逮捕や出頭要請や家宅捜索をされることがあります。

突然自宅に私服の警察員が数名訪れて警察署に連行後逮捕することもありますが、そのような場合にはすぐに弁護士を呼んでください。もっとも、弁護士ならだれでも言い訳ではなく刑事弁護経験豊富な弁護士を呼ぶ必要があります。

また、いきなり逮捕ではなく出頭要請を受けた場合、そのまま自宅に帰してもらえれば弁護士に相談する時間的猶予もありますが、そのまま逮捕されてしまうケースも少なくありません。取調べのあとで、すぐ逮捕され勾留となれば、ご自身が受ける社会的なダメージは計り知れません。心当たりのある方は早めに弁護士にご相談ください。弁護士は守秘義務を負っておりそれに違反することになれば犯罪となりますので、その点はご安心ください。

警察に呼ばれたら

警察に呼ばれた場合とは、警察から「任意で」同行や出頭を求められている状態をさします。逮捕される場合は「任意」ではないため、拒否することは許されず強制的に警察署に連行されます。しかし、その前段階、つまり“容疑がかかっている・事件の参考人として話を聞きたい”といった場合でも、警察から呼ばれることがあります。

その場合、もちろん「任意」ですので、拒否することもできます。しかし、警察からの呼び出しを無視したり、何度も拒否していると、余計に怪しまれるばかりでなく、逃亡の恐れあり、証拠隠滅のおそれがあるとみなされて、逮捕される危険性が増すため慎重に対応すべきです。

「参考人として話を聞きたい」という程度であれば、1~2回の呼び出しで終わります。しかし、当初は参考人としての呼び出しであっても、段々と嫌疑が強くなり、「重要参考人」ひいては「被疑者」として呼ばれるようになることもありえます。参考人として呼ばれた時点で身に覚えがなくとも刑事弁護経験豊富な弁護士に相談することをお勧めします。

「被疑者」として警察に呼ばれた場合、すでに逮捕状を請求されている可能性があります。その場合、任意出頭を拒否すると、逮捕するために警察が自宅や職場にやって来るリスクがあります。

したがって、「どうせ任意同行だから無視しよう」という対応はせず、警察から連絡があった段階で、まずは刑事弁護経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。

泉総合法律事務所の弁護士であれば、ご相談者様のおかれている状況をヒアリングするだけで、「参考人」としてなのか、「重要参考人」「被疑者」として呼ばれているのかをこれまでの経験則から判断できるため、それぞれのご状況に合わせた的確なアドバイスを行うことができます。

警察の捜査が開始されるきっかけ

では、警察の捜査はどういった“きっかけ”から開始されるのでしょうか。

たとえば、通りすがりに自転車のかごに入れておいたカバンをひったくられ、被害者が警察に被害届を出した場合、もしくは自らの犯した罪に対する自責の念に堪え切れず自首してきた場合など、様々なことがきっかけとなり捜査が開始されます。

一般的には、以下のケースがきっかけとなり、捜査が開始される場合が多いと言えます。

  • 事件を目撃した者が通報した場合
  • 自首してきた場合
  • 挙動不審者が職務質問を受けた場合
  • 被害者から被害届が出された場合
  • 告訴や告発がなされた場合   など

もし逮捕されたときには

まずは弁護士を呼ぶ

数名の私服警察官が自宅に来てそのまま警察署に連行されて逮捕されたとき、“どうしたらよいのか”と戸惑う方がほとんどだと思います。まずは落ち着きましょう。

逮捕されたあとに警察官から取調べを受けることになりますが、容疑を否認している場合は特に通常の聴取行為を超えた、いわゆる“行き過ぎた取調べ”が行われる場合も少なくありません。その場合、警察官からのあまりにも激しい取調べに耐えきれず、「本当はやってないけれども、罪を認めてしまって早く楽になりたい」という衝動に駆られ、真実とは異なる供述をしてしまうおそれがあります。

そういった事態を避けるためにも、刑事事件の被疑者として逮捕されてしまったら、まずはすぐに刑事弁護経験豊富な弁護士を呼びましょう。もっとも、被疑者は逮捕されていますので、どの弁護士が刑事経験豊富な弁護士か分からず途方に暮れることもありますからご家族がインターネットなどの情報をもとに刑事相談を受けた上でその弁護士ないし法律事務所の刑事弁護経験をもとに弁護士を選定することがよろしいかと思います。

ですが、逮捕されてしまったあとでは、どの弁護士に依頼しようかと、じっくり選んでいる時間的余裕はありません。そこでおすすめなのが、警察から呼び出しがあれば、その後、任意出頭に応じるわけですが、「万が一逮捕されたら」という最悪のケースに備えて、事前に刑事弁護経験豊富な弁護士へ相談・依頼しておくことをお勧めします。このように万全を期しておけば、突然の逮捕という不測の事態にも十分対応することができ、精神的な安定気持ちのゆとりがでてきます。

では、特定の弁護士に刑事弁護を事前に依頼していなかった場合はどうすればよいでしょうか。

当番弁護士

当番弁護士とは、警察に逮捕されてしまった被疑者のもとへ1回のみ無料で接見に来てくれる弁護士のことです。その仕組みは、当番弁護士を希望する弁護士が、所属弁護士会に事前登録しておき、その後、要請があれば、その日に当番となっている登録弁護士が接見に行くというものです。

すでに弁護士に依頼している方はその弁護士を呼べば問題ないですが、いきなり逮捕されたけれども、知り合いの弁護士がいなくて困っているという方にはおすすめの制度です。

当番弁護士を呼びたい場合、捜査官か警察官に、「当番弁護士を呼んでください」と伝えるだけで大丈夫です。ただし、その日のうちにすぐに来てくれるかはその当番弁護士のスケジュールにもよります。

注意すべき点は、この制度は1回だけしか利用できないという点です。したがって、その後もその弁護士に弁護活動を依頼したいという場合は、その弁護士と私選弁護の契約を結ぶ必要があります。

なお、この「当番弁護士」の制度は「できるだけ刑事事件に強い弁護士を回して欲しい」といった要望は受け付けてくれません。単に名簿順で回ってきた弁護士が当番で接見に来てくれるものですので、あまり刑事弁護経験豊富でない弁護士が当番弁護士として接見に来て一般論しか助言してくれないこともあります。

当番弁護士で刑事弁護経験豊富でない方と弁護契約をしてしまうと、あとで後悔してしまいますので、家族が弁護士を依頼する可能性があるのであればそれまで待った方がいいかもしれませんが、あくまで自己責任でご判断していただくしかありません。

ご自身でじっくりと慎重に弁護士を選びたいという方は、事件にこころ覚えのある場合には、逮捕される前に、刑事弁護の実績豊富な弁護士に依頼をしておくべきです。

泉総合法律事務所では、「警察に呼ばれている」「○月○日に警察へ任意出頭することになっているが、その前に相談しておきたい」というご相談が数多くあります。

「警察に呼ばれているけれども、今後どうなるのか不安で仕方がない」という方は、是非とも泉総合法律事務所にご相談ください。刑事弁護経験豊富な泉総合法律事務所の弁護士が今後の流れ、注意すべきポイント、逮捕された場合の当所弁護士の対応などについて、細かく丁寧にご説明いたします。

弁護士にできること

今後の流れをご説明します

警察からの呼び出しがあると、逮捕されてしまうのか、警察に何を聞かれるのかなど、さまざま不安や疑問を感じていらっしゃるかと思います。そんなご相談者様に対して、今後予想される手続の流れ、捜査への対応、取調室での答え方、供述調書への署名の判断の仕方などについて、泉総合法律事務所の弁護士がじっくり具体的にご説明します。

まずはご自身が置かれている状況、それと今後の対応についてご理解いただくことが、よりよい結果への一歩となるはずです。

逮捕されないための弁護活動をします

警察に逮捕される前から当所弁護士が弁護活動を開始することで、逮捕を回避できる可能性が高まります。

身に覚えがないことで容疑をかけられている場合には、冤罪であることを捜査機関に強く主張します。一方、罪を犯している場合であれば、ご相談者様に代わって当所弁護士が被害者と示談活動して示談を成立させることで被害届や告訴を取り消してもらいます。

被害届や告訴の効力がなくなれば、そもそも事件性がなくなるため、警察が本格的に介入してくる前に事件を解決させることができます。

万が一逮捕された場合にも安心です

警察が自宅に早朝訪問して警察署に連行されて逮捕・勾留されてしまった場合、通常であれば事件を知ったご家族から連絡があり、依頼後に弁護士が動き出すことになります。しかし、警察からご家族に連絡がいくまでに時間を要してしまい、その間にも事態が深刻化してしまうケースがあります。

もし逮捕される前から当所泉総合法律事務所に依頼しておいていただければ、ご依頼者様が逮捕されたと分かり次第、すぐに刑事弁護経験豊富な当所弁護士が動くことができるため、万全の状態で弁護活動を進めていくことができます。

ご依頼後のメリット

  • 弁護士からのアドバイスにより、安心して任意出頭・同行にのぞめます。
  • 突然逮捕されてしまったという不測の事態が起きても安心です。
  • 逮捕前の段階から万全な弁護活動を受けられるため、逮捕リスクを最大限に軽減できます。