刑事部 ~刑事事件の弁護はお任せください!~

刑事事件の弁護はお任せ下さい!(刑事部)

(1)刑事部の設置について

刑事弁護を重点対応分野として捉える当事務所では、以前から刑事専任弁護士が複数在籍しておりましたが、更なる刑事弁護の対応強化を図るべく、刑事専任弁護士を組織的に配置いたしました。

①刑事専任弁護士の配置構成

■本店刑事部:弁護士 泉義孝 (代表弁護士、刑事専任)
弁護士 加藤秀俊 (元検事、新橋本店)
弁護士 井阪康博 (刑事専任弁護士、新橋本店)
弁護士 澤田啓吾 (刑事兼任弁護士、北千住支店)
弁護士 都丸翔五 (刑事兼任弁護士、日暮里支店)
■新宿刑事部:弁護士 髙野傑 (刑事弁護統括責任者・刑事専任弁護士、新宿支店)
弁護士 稲永泰士 (刑事兼任弁護士、渋谷支店)
弁護士 松永翔 (刑事兼任弁護士、池袋支店)
弁護士 森川栄一 (刑事専任弁護士、新宿支店)
■多摩刑事部:弁護士 上原幹男 (元検事、立川支店)
弁護士 田頭博文 (刑事兼任弁護士、八王子支店)
弁護士 蓑島弘明 (刑事兼任弁護士、調布支店)
弁護士 西村健 (刑事兼任弁護士、国分寺支店)

ご覧のとおり、主なメンバーは、元検事をはじめ、弁護士登録をして以来、刑事弁護一筋で活動してきた弁護士で構成されております。まさしく刑事弁護を知り尽くしたエキスパート集団です。

この度の刑事部設置により、刑事弁護専門の他の法律事務所と比較して勝るとも劣らない、ハイレベルな刑事弁護サービスのご提供が実現できるようになったと自負しております。

②なぜ刑事事件に強いのか?

<刑事専任弁護士であるがゆえの強み>

刑事事件を専門的に取り扱うがゆえに、刑事弁護に携わってきた数が圧倒的に豊富です。弁護士登録をして以来、ずっと刑事弁護一筋というキャリアの中で蓄積された豊富な知識・経験値を駆使することで、高いパフォーマンスによる刑事弁護活動をお約束します。

<元検事であるがゆえの強み>

元検事出身である加藤弁護士、上原弁護士は、検事時代に来る日も来る日も刑事事件ばかりに携わってきました。その数は刑事事件を専門にしている弁護士と比較しても圧倒的に多く、当然、刑事事件に関する知識や経験値についても極めて深く豊富であることは言うまでもありません。
また、起訴するか否かを決定する検事側の思考方法、立証の仕方などを熟知しているため、「不起訴処分を獲得するためにはどうすれば良いのか?」を知り尽くしています。
また、起訴後公判となった場合でも、執行猶予獲得などに向けた戦略的な刑事弁護を行うことができるのです。

<それらの強みを泉総合全体で共有>

元検事、刑事専任弁護士であるがゆえの強みを泉総合法律事務所に所属する弁護士全員が共有することで、いずれの弁護士においても高いレベルでの刑事弁護活動を可能にしています。

(2)刑事部に所属する弁護士について

■弁護士 泉義孝 (代表弁護士、刑事専任)

プロフィール

泉義孝弁護士(代表弁護士)第二東京弁護士会所属
京都大学法学部出身

これまでに特捜部事件を含む多種多様な数多くの刑事事件に携わってきた経歴あり。刑事弁護統括責任者である髙野弁護士と共に、刑事部を指揮統括している。

メッセージ

逮捕されてから72時間のうちに、どのような刑事弁護活動を行うかによって、被疑者の方の運命が決します。早期釈放、不起訴処分を獲得するためには、勾留阻止活動、勾留回避、釈放活動の実績豊富な弁護士に依頼すべきです。私、泉は勾留阻止に重点を置いた弁護活動を土日祝日を問わず行なっております。
刑事事件でお困りの方は、刑事弁護の経験・実績ともに豊富な泉総合法律事務所に是非ともご相談ください。

■弁護士 髙野傑 (刑事弁護統括責任者・刑事専任弁護士、新宿支店)

プロフィール

髙野傑弁護士(刑事弁護統括責任者・刑事専任弁護士)第二東京弁護士会所属
法政大学法学部、中央大学法科大学院出身

弁護士登録後から、刑事弁護一筋。当弁護士法人加入前は、刑事事件を専門とする大手法律事務所にて勤務。取り組んできた事件数が多いのはもちろんのこと、裁判員裁判など複雑な事件にも積極的に取り組んだ実績あり。
その後、当弁護士法人に加入し、現在では刑事事件統括責任者として刑事部を指揮統括している。

メッセージ

私は、どのような事件においても「依頼者の方に深く寄り添うこと」を常に意識しています。どんなに不利な状況であっても、最後まであきらめずに依頼者の方にご満足いただけるよう、全力を尽くします。
「逮捕された」「警察から呼び出された」この時に、一番やってはいけないことは、何もアクションを起こさないことです。時間が経過すればするほど、情況は悪化します。刑事事件は一刻を争うものであり、数時間の対応遅れが致命的な結果を招くこともあります。刑事事件でお困りの方は、迷うことなく当事務所にご相談ください。

■弁護士 加藤秀俊 (元検事、新橋本店)

プロフィール

加藤秀俊弁護士(元検事)第二東京弁護士会所属
日本大学法学部出身

平成18年10月、検事に任官してから、約11年数ヵ月の間、検事として従事。
その間、東京地検、広島地検、鹿児島地検、千葉地検、大阪地検、鳥取地検米子支部などで勤務。
これまでに、窃盗事件、薬物事件、粗暴犯事件、性犯罪事件など多種多様で数多くの事件を担当。鳥取地検米子支部では、支部長検事を歴任。

メッセージ

これまでに数多くの刑事事件に取り組んできました。当然、検事出身ですので、検事が重視するポイントを熟知しています。
したがって、それらのポイントを意識せず、ただ闇雲に対応することは決してありません。しっかりとポイントを見極めたうえで、より効果的な刑事弁護を行えることが、大きな強みです。

■弁護士 上原幹男 (元検事、立川支店)

プロフィール

上原幹男弁護士(元検事)第二東京弁護士会所属
慶應義塾大学法学部、東京大学法科大学院出身

平成22年、検事に任官してから、東京地検、奈良地検、大津地検などで勤務。
窃盗、暴行、傷害、痴漢、盗撮など以外にも、特殊詐欺、業務上横領などの知能犯や、薬器法違反、ストーカー規制法違反などの特別法違反も担当した経歴あり。

メッセージ

検事として大量の刑事事件を取り扱ってきた経験から、どのように捜査が進み、処理されるのかが手に取るように分かります。
先を予見できることは、刑事弁護活動において極めて重要であり、大きな強みであると言えます。この強みを生かして、刑事事件でお困りのご依頼者様を全力でサポートいたします。

■弁護士 井阪康博 (刑事専任弁護士、新橋本店)

プロフィール

井阪康博弁護士(刑事専任弁護士)第二東京弁護士会所属
京都大学法学部、早稲田大学法科大学出身

当弁護士法人に加入後、刑事専任弁護士として活躍。これまでに数多くの刑事弁護を担当。空手で鍛えた強靭な精神力を武器に、常に依頼者の利益を最大限獲得すべく、全力を尽くす。

メッセージ

刑事事件でお困りの方がつらい状況から目を背けたくなるお気持ちは、とてもよく分かります。しかし、悩みや不安を決して放置してはいけません。そのまま放置してしまうと、被害者への謝罪や示談交渉など、適切な対応ができないまま、起訴され刑事処罰が下されてしまうリスクがあるためです。刑事事件は初動が極めて重要です。勇気を持って真正面から受け止め、そして1分1秒でも早く、当事務所にご相談ください。

■弁護士 澤田啓吾 (刑事兼任弁護士、北千住支店)

プロフィール

弁護士 澤田啓吾 (刑事兼任弁護士)第二東京弁護士会所属
東京大学法学部、同法科大学院出身

当弁護士法人に加入後、刑事弁護を得意分野に加える。高い順応性により交通死亡事故、投資詐欺といった特殊な事案にも対応。最近では少年事件やクレプトマニア(病的窃盗)の疑いのある窃盗再犯事件のような困難な事案も多く担当する。示談交渉や接見に労を惜しまず、円満迅速な解決と依頼者の安心を心がけている。

メッセージ

担当する事案の性質上お医者様と接触することが多くありますが、医師の仕事と私たちの仕事には似たところがあります。犯罪は人体の病気と同じく、社会に生きる人ならば誰しも当事者となる可能性がある病理現象です。加害者側であれ被害者側であれ、問題を解決し二度と同様のことが起きないようにするためには、その目的に見合った措置をとる必要があります。
ネットで得た知識の見よう見まねで、自力で解決しようとすると、取り返しのつかない後遺症が残ってしまうかもしれません。犯罪の当事者となってしまった場合には、紛争が悪化する前に、早めに専門家に相談する事、専門家を信頼して悩み事やそこに至る経緯をすっかり話すことが、何よりも重要です。
私どもは相談者の方々の不安を取り除くすべを心得ておりますので、初めて歯医者さんに行ったときの事を思い出して、どうぞ安心してご相談にお越し下さい。

■弁護士 稲永泰士 (刑事兼任弁護士、渋谷支店)

プロフィール

弁護士 稲永泰士 (刑事兼任弁護士)第二東京弁護士会所属
京都大学法学部出身

刑事事件を始め民事事件や企業法務などを手掛ける法律事務所に勤務の後、国家公務員としてコンプライアンス業務などを担当し、民間企業法務部に所属したのちに、当弁護士法人に参画。
刑事事件だけではなく、幅広い分野の事件を携わってきた経験を活かし、多角的な視点で事件解決をすべく、全力を尽くす。

メッセージ

突然、家族が逮捕されたり、警察から呼び出しが来たりした場合、どうしたらいいかわからないという方が多いと思います。
被害者への謝罪や示談交渉をしたい場合には、多くの場合、弁護士を介さないとできないと思います。
初めてのことでどうしたらいいかわからない、弁護士に知り合いがいないなど、刑事手続に関してお悩みをお持ちの方は、お気軽に当事務所までご相談いただければと思います。

■弁護士 田頭博文 (刑事兼任弁護士、八王子支店)

プロフィール

弁護士 田頭博文 (刑事兼任弁護士)第二東京弁護士会
中央大学法学部、中央大学法科大学院出身

弁護士登録後、当初、数多くの国選事件を担当し、その後当弁護士法人加入後は、痴漢盗撮などの在宅事件から、重大な身柄事件に至るまで、幅広く事件を担当。
どの事件に対しても誠意をもって誠実に取り組むとの姿勢で臨んでいる。

メッセージ

ご自身が捜査の対象になったり、大切なご家族が逮捕・勾留されてしまうと、とても不安なお気持ちになられることと思います。刑事事件におきましては、早期に適切な対応を行うことで、釈放され、不起訴になることがとても多いです。皆様の不安なお気持ちを少しでも軽減できるように、誠心誠意取り組んで参りますので、ぜひ、当事務所にご相談ください。

■弁護士 松永翔 (刑事兼任弁護士、池袋支店)

プロフィール

弁護士 松永翔 (刑事兼任弁護士)第二東京弁護士会所属
熊本大学法学部、福岡大学法科大学院出身

弁護士登録から、民事事件のみならず、多種多様な私選刑事弁護を経験。当弁護士法人に加入後においても、数多くの刑事弁護を担当。どんな状況下においても、依頼者の利益を守り、真実を究明することに全力を尽くす。

メッセージ

刑事事件を起こしてしまい、気が動転してしまい、何をすべきが全く分からない人も多いと思います。そのような場合、一刻も早く弁護士に相談したほうがよいでしょう。知識・経験のある弁護士であれば、事件の今後の見通しや善処策についても助言することができます。
弁護士に相談することに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは、勇気をもって当弁護士法人へご相談ください。

(3)解決事例

【ケース1 痴漢】

性別男性
年齢30代
罪名迷惑防止条例違反(痴漢)
弁護活動の結果執行猶予

(内容)

Cさんは、電車内で女性の下半身を触り、被害者と近くに居た乗客らに警察へ引き渡されました。逮捕の知らせを聞いた奥様から依頼があり、弁護活動に着手しました。

まずCさんには、同種の前科・前歴がありました。また、示談についても被害者から拒否されており、刑事裁判の回避は難しい状況でした。そこで、早期の身柄解放を優先しました。

まず、起訴前から保釈準備に着手し、起訴当日には保釈請求を行いました。合わせて、裁判官とも交渉を重ね、その結果、無事に保釈許可が下り、Cさんの身柄は解放されました。

早期解放により、会社解雇を回避できました。また、裁判では執行猶予付判決を得ることができ、刑務所行きも回避することができました。

【ケース2 暴行】

性別男性
年齢40代
罪名暴行
弁護活動の結果不起訴

(内容)

Bさんは、酒に酔った勢いでバス運転手に暴行をはたらき、現行犯逮捕されてしまいました。

逮捕直後の依頼であり、今後の長期拘束を回避すべく、勾留阻止活動に重点を置きました。①逃亡を図ることが想定しにくいこと、②被害者がケガをしておらず暴行の程度が軽微だったこと、③身元引受人(Bさんの妻)がいること、などを検察官や裁判所に粘り強く主張した結果、勾留決定を回避することができ、Bさんは無事に釈放されました。

その後、被害者との示談交渉に臨みました。当初なかなか納得してもらえませんでしたが、それでも諦めることなく交渉を重ねた結果、示談成立となり、Bさんは無事に不起訴処分となりました。

【ケース3 窃盗・万引き】

性別女性
年齢70代
罪名窃盗・万引き
弁護活動の結果執行猶予

(内容)

Dさんは、スーパーで万引きをして逮捕されました。その後、20日間の勾留後、起訴されました。まさかそのような事態になるとは思ってもみなかったDさんの夫から依頼を受けました。

万引きで公判(刑事裁判)になるだけあって、Dさんには10回以上の万引きの前科があり、つい1年前に罰金刑を受けたばかりでした。

まずは、約1ヶ月も自宅に戻れていなかったDさんのために保釈請求を行い、無事に認められました。そして、万引きしたスーパーへの賠償を行い、「厳罰を望まない」という書面をスーパー店長から取り付けました。合わせて、万引きを繰り返すDさんをきちんと監督していくことをご主人に裁判で話してもらいました。

その結果、執行猶予付判決を得ることができ、刑務所行きを回避できました。


その他にも、当事務所には多数の解決実績がございます。早期釈放、不起訴処分、執行猶予を獲得するためには、刑事事件の対応に長けた弁護士に依頼すべきです。それが今後の運命を決することになるからです。

「家族が突然逮捕された」「警察から呼び出された」など、刑事事件でお困りの際は、是非とも泉総合法律事務所にご相談ください。