接見・差し入れしたい

接見・差し入れしたい

拘束されているご家族は今、突然、身柄を拘束され、大きな不安や悲しみに押しつぶされそうな状況かもしれません。もし、そのような状況の中で、執拗な取調べを受けた場合、「早くこの状況から抜け出して、楽になりたい」との思いから、やってもいない内容、つまり虚偽の供述をしてしまうリスクがあります。

そうならないためにも、ひとり孤独で不安でいっぱいであるご家族に会って、勇気づけるとともに、今後の取調べにおける注意点や、冷静な判断の重要性を伝えることが必要です。

泉総合では、早期の接見を実現すべく、緊急接見対応に力を入れております。「とにかく一度、家族に会って様子を確認してほしい」「拘束されている家族に会って励ましてほしい」といったご要望にお応えします。

まずは、泉総合にご連絡ください。接見や差し入れに関するさまざまなお悩み・不安を、泉総合が解決いたします。

勾留決定までは、家族であっても面会できない

弁護士は全ての期間で面会可能

上の図は逮捕から判決が下されるまでの間における、接見(面会)可能なタイミングを記したものです。

ご覧のとおり、逮捕から勾留決定されるまでの最大72時間は、たとえ、ご家族の方であっても接見(面会)することができません。

このタイミングで唯一、接見(面会)できるのは、弁護士だけなのです。

接見とは、逮捕・勾留されている被疑者・被告人に、留置場や拘置所の面会室で面会することをさします。

つまり、身柄を拘束されて、一番つらく不安であろう最初の最大3日間(72時間)、一般の方ですと、拘束されているご家族を直接、勇気づけてあげられません。したがって、「少しでも早く励ましてあげたい」とのお気持ちがあれば、弁護士を介することで、その思いを実現させることができます。

接見(面会)における弁護士と一般の方との違い

一般面会弁護士面会
接見禁止制限あり
接見禁止の場合、面会不可
制限なし
接見禁止のときでも面会OK
接見可能なタイミング制限あり
逮捕~勾留決定まで面会不可
制限なし
逮捕後すぐ面会OK
曜日制限制限あり
月~金曜日の平日限定
制限なし
土日祝日でも面会OK
時間制限制限あり
朝9時~夕方5時のみ
1回につき15~20分程度
制限なし
早朝、夜間でも面会OK
人数と回数の制限制限あり
1日1組3人まで
1日1回のみ
制限なし
1日に何人でも面会OK
1日複数回面会できる
立会いの制限制限あり
必ず警察官が立会い、会話内容を記録される
制限なし
被疑者・被告人と2人きりでの面会OK

上の表をご覧いただくと一目瞭然ですが、弁護士とご家族など一般の方とでは、接見の制限において、かなりの差があります。

主だった点としては、以下のとおりです。

  • まず一番の相違点として、逮捕後から勾留決定までの間、弁護士であれば、接見できる点です。
  • 時間制限や日時制限については、一般面会ですと時間的な制限がありますが、弁護士の場合、いずれのときでも、拘束されているご家族と接見できます。したがって、弁護士であれば、ご家族の不安をいつでも取り除けたり、勇気づけてあげられるなど、手厚くきめ細かいサポートが行えます。
  • 方法制限においては、警察官が必ず立ち会い、会話内容を記録するため、拘束されているご家族も安心して話をすることができません。しかし、弁護士であれば2人きりで落ち着いて話すことができるため、精神的なストレスを大幅に軽減できます。また、今後の取調べ時のアドバイスや弁護方針などについて話す場合、落ち着いた環境の中で行うことが、とても重要です。
  • 接見禁止の状況であっても、弁護士ならば、拘束されているご家族と会うことができ、差し入れも可能です。接見禁止処分がなされていると、一般の方が接見(面会)することは認められません。

接見禁止処分とは?

接見禁止処分とは、弁護士以外の者との面会や、物の受け渡し(差入れ)を禁止する処分のことです。

この処分は、被疑者・被告人に逃亡や証拠隠滅のおそれがあると、裁判所・裁判官がみなした場合になされます。

その理由としては、一般人との面会や物の受け渡しを許可してしまうと、口裏合わせや暗号による指示を出すなどして証拠隠滅を図るリスクが増すと考えられているからです。

しかし、弁護士であれば接見禁止処分がなされていても、問題なく拘束されているご家族と会うことや、差し入れすることができます。

また、接見禁止の解除や、せめてご家族だけでも会えるようにすべく、接見禁止の一部解除の実現を目指して、弁護士は裁判所・裁判官に働きかけていきます。

差入れについて

拘束されているご家族に、手紙や着替え、本などを差し入れてあげることができます。ただし、自殺防止の観点から差入れできない物があったり、中身を全てチェックされてしまうなど、注意しておくべき点もあります。

もし、差入れのことでご不明点などあれば、泉総合にご相談ください。どういったものが差入れできるのか?といった点だけでなく、拘束されている被疑者・被告人にとって何が一番必要か、喜ばれるのかという観点からも、適切にアドバイス差し上げます。

<差入れできる主な品物>

  • 着替えなどの衣類(ヒモは取り外す※性質や形状により差入れできないものがあります。) ○
  • 現金 ○
  • メガネやコンタクトレンズ ○
  • 書籍(1回につき5冊まで) ○
  • 手紙や便箋 ○
  • 写真(サイズはL版のみ) ○
着替え現金手紙書籍

<差入れできない主な品物>

  • 食べ物やお菓子類 ×
  • タバコ ×
  • 歯ブラシ ×
  • 石鹸、シャンプー ×
  • コンタクトレンズ洗浄・保存液類 ×
  • 各種タバコ類 ×
  • 筆記用具 ×
  • 医療品類 ×
  • スポーツ新聞、クロスワード類の本 ×