弁護士費用のご案内

泉総合法律事務所刑事事件弁護士費用

(※金額は全て税別です)

シンプルで分かりやすく、「見える化」を徹底。費用の不安を解消いたします。

料金でも「安心」をお約束いたします
初回相談無料、着手金、報奨金、緊急接見費用について

(※金額は全て税別です)

シンプルで分かりやすく、「見える化」を徹底。費用の不安を解消いたします。

当事務所では弁護士費用をシンプルでわかりやすく設定しております。またご相談時に分かりやすく説明を行い、ご依頼者様に十分なご理解をいただいた上で、費用をご負担いただくことを心がけています。

刑事事件に関する法律相談

初回相談(1時間) 無料

弁護士と事件の内容について相談する費用です。ご家族からのご相談も承ります。

刑事事件の弁護費用

着手金 20万円
盗撮の着手金 10万円
報酬金 30万円
接見日当 2万円/1回
公判日当 2万円/1回
緊急接見費用 5万円

(※金額は全て税別です)

着手金:20万円

  • 起訴前弁護の場合の着手金です。事件をご依頼されたときにお支払いいただきます。
  • 結果にかかわらず返金されません。
  • 起訴後のご依頼の場合、もしくは起訴前にご依頼いただきその後起訴されてしまった場合には、別途着手金20万円をいただきます。

盗撮の着手金:10万円(初犯に限り、在宅事件で被害者が被害届を出している場合に限る。)

※初犯、かつ在宅で被害届が出ている場合に限る。

  • 起訴前弁護の場合の着手金です。事件をご依頼されたときにお支払いいただきます。
  • 結果にかかわらず返金されません。
  • 起訴後のご依頼の場合、もしくは起訴前にご依頼いただきその後起訴されてしまった場合には、別途着手金20万円をいただきます。

報酬金:30万円

  • 報酬金は、依頼の成果に対する成功報酬です。成功基準を事前に決めてから契約します。
  • 裁判員裁判や、否認事件の費用は、応相談となります。
  • 勾留阻止、保釈請求など身柄開放の弁護活動については別途成功報酬をいただくことがあります。
    詳しくはご相談時に弁護士より説明させていただきます。

その他費用

  • 接見日当2万円(1回)は、警察署などにいる被疑者・被告人の方に直接面会するための費用です。
  • 公判日当2万円(1回)は、公判・公判前整理手続のための出張などの費用です。
  • 郵便代、印紙代など事件処理のために支出した費用を実費として別途いただきます。

緊急接見費用:5万円

  • 夜間や休日に突然逮捕・勾留されてしまったとき、弁護士が警察署などにいる被疑者・被告人の方に直接接見(面会)しに行く場合の費用です。
  • 交通費として別途1,000円をいただきます。
  • 接見前の先払いとなります。

安心・明確な料金体系

①リーズナブルで良心的な料金です。

弁護士・事務局スタッフが密に連携し、無駄なく効率的に業務を進めることで、ご利用いただきやすい費用を実現しています。

②ご相談時に費用を提示します。

「解決までにいくらかかるのか?」ご相談時に弁護士が費用をきちんと提示することで、”費用の見える化”を徹底しています。ご依頼時に契約を締結し、契約書記載の金額以上をいただくことはありません。

③さまざまなお支払い方法に対応しています。

現金、銀行振込、クレジットカードでお支払いいただけます。

クレジットカード対応

【利用可能カード】 VISA, MasterCard
※分割払いもご利用いただけます(~12回)。
※別途、金利・手数料がかかります。