横須賀の刑事事件に強い弁護士に相談する

横須賀の刑事事件に強い弁護士に相談する

刑事事件はスピード勝負です(泉総合法律事務所横須賀支店)

神奈川県横須賀市や近隣の横浜市(金沢区)、逗子市、三浦市、三浦郡・葉山町に居住や勤務の方や家族が刑事事件の被疑者となった場合には、逮捕されれば会社の解雇や学校の停学退学となる可能性があります。逮捕されない在宅事件でも、罰金刑となれば前科には変わりありません。

そのような事態を避けるためには、逮捕や検挙されたら直ちに弁護士に刑事弁護を刑事に強い弁護士に依頼することが重要です。被疑者や家族の今後の生活や人生に及ぼす影響の重みを考えて、泉総合法律事務所では、男性弁護士全員が刑事弁護に取り組むことを執務方針としております。

横須賀市は神奈川県南東部に位置する三浦半島の大部分を占めており、自衛隊や米軍の基地などもあり、人口は40万人前後で2012年(平成24年)4月以降は横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市に次ぐ県第5位となっており、犯罪も繁華街、住宅地を問わず多く起きております。

刑事事件の流れ

さて、警察に逮捕されたら、警察の留置場に最大3日間身体拘束され、逮捕後48時間以内に検察官が証拠隠滅の恐れや逃亡の恐れの有無を取り調べし、その恐れありと判断すれば裁判官に勾留請求をします。裁判官は勾留質問で同様の恐れの有無を審理し、こちらも恐れがあると判断すれば勾留決定します。

勾留されると10日間、勾留延長されれば20日間身柄拘束され、会社を解雇されたり、学生ならば退学などの処分を受けたりする危険があります。このような事態を防ぐために、逮捕されたらすぐに弁護士に刑事弁護を依頼して、検察官や裁判官に勾留阻止を働きかけ釈放を実現する弁護活動を行なってもらうことが不可欠です。

勾留を阻止し釈放を実現する弁護活動は、どの弁護士にもできるものではなく、刑事事件に強く釈放活動に慣れた弁護士に依頼すべきです。泉総合法律事務所はこれまで多数の刑事弁護に取り組み、勾留阻止活動-釈放実現活動で多数の成果を上げておりますので、逮捕されたら是非とも泉総合法律事務所に弁護をご依頼ください。

刑事弁護活動例その1

暴行→在宅→示談→不起訴

会社の飲み会でかなり飲酒した帰宅途中の電車から降りようとした際、ドア付近の携帯をいじっていた男性の手を振り払ってしまい、口論となったことから警察に通報となり、男性が被害届を提出したことで警察署で被疑者として深夜まで取り調べを受けてから釈放され、帰宅した事案でした。被疑者は帰宅後すぐに当所の弁護士に刑事相談し、刑事弁護を依頼されました。

弁護士は警察官に被害者の連絡先を聞いて、被疑者に書いてもらった謝罪文を持参して被害者に謝罪に出向き、謝罪文を読んでもらうとともに被疑者の酒を飲んでいないときの人柄などを伝えることで被疑者を許していただき、処罰を求めないとの書面の作成に快く応じていいただきました。その書面や謝罪文とともに弁護士意見書を作成して検察官に提出することで不起訴処分としてもらい、被疑者や家族に大変喜んでいただきました。

酒を飲んで酔っ払っての刑事事件は多々あり、記憶がない場合には逮捕されることが通常ですので、十分注意してください。万一酒で酔っぱらって刑事事件を起こしてしまったら、逮捕されない在宅事件の場合でも速やかに刑事弁護経験豊富な弁護士にご依頼ください。

刑事弁護活動例その2

青少年保護育成条例違反、淫行→自首→不起訴

芸能人と称して出会い系サイトで多数の女性と関係を持っていた中に18歳未満の女性がおり、過去にも淫行での前科があったことから逮捕を心配して当所の弁護士に相談の上弁護依頼があった事案です。そこで弁護士は、速やかに被疑者家族の身元引受書などを作成し、警察に自首して意見書を提出し逮捕しない取り組みを行うととともに、性犯罪防止のカウンセリングを受けてもらい、再犯防止の意見書を検察官に提出して不起訴処分となりました。

淫行や児童買春は被害者を社会の秩序とする犯罪で、示談すれば不起訴となる可能性が高い(個人の被害者がいる)犯罪とは異なりますので、不起訴に向けての弁護活動は様々な事件の特性にあわせて取り組む必要がある点で、弁護活動が難しい事件といえます。

刑事事件は迅速な対応が一番重要

逮捕された場合には直ちに弁護士に依頼することで、10日間の勾留を阻止し釈放される可能性が高まります。逮捕されない在宅事件では、弁護士が早くに示談交渉に取り組むことで、示談の成立可能性が高まります。弁護士に依頼するのが遅くなればなるほど被疑者は厳しい立場に追い込まれていきます。

刑事事件の被疑者になってしまったら、逮捕される身柄事件はもとより逮捕されない在宅事件でも、様々な刑事事件の弁護経験が豊富で実績多数の泉総合法律事務所に刑事相談のうえ、弁護をご依頼ください。横須賀支店は横須賀中央駅徒歩数分のビルにあり、ご利用しやすい場所に開設しております。

弁護士法人泉総合法律事務所は、神奈川エリアでは、横須賀支店の他に、横浜支店、川崎支店、大和支店、藤沢支店、厚木支店、小田原支店を開設しており、例えば川崎在住の方が横須賀の警察署で逮捕や検挙された場合にも、機動的な対応が可能な体制を構築しております。

横須賀支店へのアクセス

横須賀支店へのアクセス方法はこちらをご参照ください。

横須賀市、逗子市、三浦市管轄の裁判所、検察庁、警察署

裁判所

横浜地方裁判所横須賀支部・横須賀簡易裁判所

〒238-8510
横須賀市新港町1番地9(京浜急行線横須賀中央駅より徒歩8分)
046-823-1905

検察庁

横浜地方検察庁横須賀支部

〒238-0005
神奈川県横須賀市新港町1−8
046-823-1588

警察署

横須賀警察署

神奈川県横須賀市小川町10
046-822-0110

管轄地域
横須賀市の内安針台、吉倉町、西逸見町、山中町、東逸見町、逸見が丘、坂本町、汐入町、本町、稲岡町、楠ケ浦町、泊町、猿島、新港町、小川町、大滝町、緑が丘、若松町、日の出町、米が浜通、平成町、安浦町、三春町、富士見町、田戸台、深田台、上町、不入斗町、鶴が丘、平和台、汐見台、望洋台、佐野町、公郷町、衣笠栄町、金谷、阿部倉、池上、平作、小矢部、衣笠町、大矢部、森崎、長井、林、須軽谷、武、山科台、太田和、荻野、長坂、御幸浜、佐島、佐島の丘、名1・2丁目、芦名3丁目、秋谷、秋谷、子安、湘南国際村

横須賀警察署管内の犯罪発生状況(平成28年12月末)
刑法犯認知件数1196件、窃盗犯以外383件、オレオレ詐欺41件、窃盗813件、うち侵入盗65件、非侵入盗748件

浦賀警察署

神奈川県横須賀市浦賀5-1-1
046-844-0110

管轄地域
横須賀市の内東浦賀、浦賀、浦上台、西浦賀、浦賀丘、南浦賀、馬堀町、桜が丘、馬堀海岸、根岸町、池田町、大津町、吉井、走水、小原台、鴨居、二葉、久比里、久里浜台、内川新田、内川、長瀬、佐原、岩戸、久村、光風台、若宮台、舟倉、久里浜、神明町、ハイランド、野比、粟田、光の丘、長沢、グリーンハイツ、津久井

田浦警察署管内の犯罪発生状況(平成28年12月末)
刑法犯認知件数262件、窃盗犯以外95件、オレオレ詐欺5件、窃盗91件、うち侵入盗13件、非侵入盗78件

田浦警察署

神奈川県横須賀市船越町5-31
046-861-0110

管轄地域
横須賀市の内鷹取、追浜本町、夏島町、浦郷町、追浜東町、浜見台、追浜町、追浜南町、湘南鷹取、船越町、船越町、港が丘、田浦港町、田浦町、田浦大作町、田浦泉町、長浦町、箱崎町

田浦警察署管内の犯罪発生状況(平成28年12月末)
刑法犯認知件数785件、窃盗犯以外252件、オレオレ詐欺36件、窃盗322件、うち侵入盗54件、非侵入盗268件

三崎警察署

神奈川県三浦市三崎町六合3
046-881-0110

管轄地域
三浦市

逗子警察署

神奈川県逗子市桜山4-8-41
046-871-0110

管轄地域
逗子市

葉山警察署

神奈川県三浦郡葉山町一色2034
046-876-0110

管轄地域
三浦郡 葉山町