Vol14. 水野 高徳 弁護士

泉総合法律事務所 水野 高徳 弁護士

依頼者である被疑者・被告人の方のための最善の方向性を考え、これを実行に移していきます。

出身学校はどちらですか?

出身大学は、立教大学法学部です。大学院は立教大学法科大学院の出身です。

 

弁護士会などで活動されている団体、役職などはありますか?

埼玉弁護士会の刑事弁護の充実に関する検討特別委員会に所属しています。

 

刑事事件の解決のため,心がけている・気をつけていることはありますか?

弁護士法1条1項に「弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。」と明記されています。

刑事事件にあたる弁護士の使命として、被疑者・被告人の基本的人権を擁護することが弁護士の究極の使命ですので、この実現を図りながら解決を目指していくことになります。

自分がその立場になってしまったら守ってくれるのは誰か、と考えたとき、その答えは弁護士ということになると思います。ですので、依頼者である被疑者・被告人の方のための最善の方向性を考え、これを実行に移していきます。

 

(先生方から見た)泉総合としての刑事事件に対する対応の強みとは?

泉総合法律事務所は刑事事件を得意とする弁護士が多くおり、さまざまな案件の実績があります。

弁護士同士で事案の解決方法について検討することもしばしばあり、これは多くの弁護士が所属するからこそできる泉総合法律事務所の強みであると考えています。

ときには複数の弁護士が弁護人として対応することで、困難な案件についても対応ができます。これも、泉総合法律事務所の強みであると考えています。

 

印象に残っている刑事事件は?

具体的な話をしてしまうことは避けさせていただきますが、私の所属する埼玉弁護士会川越支部では、交通事故に関連する刑事事件が多くあります。私選弁護人としてご依頼いただくほか、国選弁護人としても、これまでに多くの交通事故に関連する刑事事件を担当してきました。

交通事故を起こしてしまった場合、民事上の責任だけでなく、行政上の責任や刑事上の責任も問われることがあります。民事上の責任については任意保険で賄われることが通常ですが、刑事上の責任に関しては弁護士にご依頼いただくことで、先が見えるようになります。

 

最後に、弁護士へ相談しようか迷っている人にメッセージをお願いします。

刑事事件を起こしてしまった方は、ご自身の責任の重さに戸惑いを覚えていらっしゃると思います。
また、ご家族が刑事事件を起こしてしまい、対応についてお悩みの方もいらっしゃると思います。

弁護士は、被疑者・被告人の方に成り代わることはできませんが、肩の重荷の半分を担ぐことができます。

まずは一度ご相談いただき、被疑者・被告人の方にとって最善の解決策は何か、一緒に検討させていただければと思います。