寝ている女子高生に触れてしまい後日被害届→不起訴処分

[事例 272] 性・風俗事件 強制わいせつ
性別 男性相談に至った
経緯
・前科をつけたくない・不起訴にしてほしい
・示談したい
年齢 40代
職業 会社員
罪名強制わいせつ
弁護活動の結果不起訴

背景

Aさんは、被害者家族とは、家族ぐるみの付き合いがあり、その日も両家で食事などをしていました。
その後、被害者である女子高生は、その日はAさんの家に泊まっていく予定であったので、Aさんとともに先にAさん宅へ行き、Aさんの寝室で就寝しました。

夜中にふとAさんが目を覚ますと、いつもはAさんの奥さんが寝ている隣のベッドに、女子高生が寝ていたことから、魔が差して、その足や腕などに触れてしまいました。

Aさんは、女子高生に発覚することをおそれすぐに行為をやめましたが、後日このことにつき、女子高生が親に相談し、Aさんとその奥さんが被害者家族に謝罪することとなりました。

それから半年近く経ち、Aさんは警察から呼び出しを受け、今回の件につき、最近になって被害届が出されたことを知り、相談に来られました。

弁護士対応 - 示談交渉、接見禁止解除、保釈、法務局へ供託の対応

Aさんは、自分の行った行為を反省しており、被害者に謝罪と賠償を希望していましたので、弁護士が間に入り、示談交渉を行うことにしました。

しかし被害者は、警察段階では示談の意思がなく、連絡先を教えてもらうことができませんでしたが、事件が検察庁に送致されてからは態度が軟化し、交渉の末示談することができました。

結果 - 不起訴処分に

結果として、その後不起訴処分となりました。

弁護士からのコメント

被害者が未成年の場合、示談の相手方はその親などの親権者となります。

一般的に、親御さんは事件に対してのお怒りが強く、示談交渉が困難なケースが多いですが、そのような場合であっても、粘り強く交渉し、謝罪や賠償の意を伝えることで、示談に至ることもあります。

示談交渉でお困りの方は、刑事事件の経験豊富な泉総合法律事務所にご相談ください。