無免許運転をしています。逮捕、懲役になってしまうのでしょうか?

交通事故

無免許運転をしています。逮捕、懲役になってしまうのでしょうか?

無免許運転とは、逮捕される犯罪なのでしょうか。

皆さんもご存知かもしれませんが、無免許運転は犯罪です。無免許運転には、一度も自動車免許を取得していない人の運転だけでなく、運転免許停止中や取消された人の運転も含まれます(免許不携帯の罰則はまた異なります)。

ここでは、無免許運転の刑罰と、何故罪に問われてしまうのか、初犯でも逮捕・実刑判決を出されてしまう場合について、詳しく解説をしていきます。

1.刑罰・罰則

無免許運転をした刑罰として、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金が科されます(道路交通法第117条の2の2)。

なお、現在では、無免許運転をした者だけでなく、無免許運転であることを知りながら要求や依頼をした同乗者も、無免許運転等の禁止に違反したとして、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金が科される犯罪となります(道路交通法第117条の3の2)。

2.何故犯罪となるのか

先ほど、無免許運転には、一度も自動車免許を取得していない人の運転だけでなく、停止中や取消された人の運転も含まれますと記載しましたが、何故、無免許運転をすると逮捕される可能性がある犯罪になるのでしょうか。

簡単に言うと、上手いか下手かということや、運転に関するルールを熟知し、運転を許された人であるかどうかということは外から見ても分からないため、「免許証を持っている人だけが運転をしていい」ということにする必要性があるからです。

この基本的なルールを守らないのであれば、他の交通ルールも日常的に守っていない可能性がありますから、それ相応の重い処罰を科されます。

3.無免許運転で逮捕?

(1) 無免許運転単独の案件

とはいえ、現実に逮捕の可能性が高いかということについて、実際には多くの無免許運転単独の起訴事案が在宅事件で終わっていました。
ということは、それらの事案では逮捕されなかったか、逮捕されたとしても釈放で終わった事件ということです。

さらに、前述のように、罰金もある犯罪です。罰金で終わる事案も、それ以上に多くあると思われます。

(2) 逮捕される場合

無免許運転の場合でも、法定刑の長期が3年という、そこそこ重い犯罪ですから、逮捕される場合は当然あります。
例えば、警察官から逃げようとした場合などについては、逃亡や罪証隠滅の可能性が高いと判断されるので、逮捕される可能性は否定できないでしょう。

また、複数回無免許運転禁止違反を犯していたり、人を死傷させてしまったりした場合、執行猶予中である場合には、逃亡及び罪証隠滅の可能性があると判断され、逮捕されてしまう可能性があり得ます。

(3) 初犯実刑の可能性

仮に単独の事案の項目を読んで、無免許運転がそれほど重くないと思ってしまった方がいらっしゃったら、注意が必要です。

前述の通り、免許の所持は基本的な交通ルールであることから、無免許運転をする人はその他のルールも心理的に守らないことが多く、場合によっては複数の交通ルールに違反してしまうことがあります。そのような場合には、とても重い刑罰が科されることになるでしょう。

では、前科がない初犯でも実刑になってしまうのは、どのような場合でしょうか。

4.実刑の具体例-轢き逃げ

事故が起こり、人がけがをしてしまった場合、道路交通法上では、警察署に連絡をして、警察官が来るまで待っていないといけないわけです。

しかし、無免許運転をしている場合、警察に露見した場合には、犯罪として立件されてしまう状況です。そんな時に、免許がある人達に比べて、恐怖感から、中には事故現場から逃げ出してしまう人も出てくるでしょう。俗にいう轢き逃げ・当て逃げです。

轢き逃げは、とても重い犯罪です。しかも、逃亡したので、逃亡・罪証隠滅の可能性が高いと判断されることになり、逮捕されてしまう可能性が高いわけです。

もっとも、轢き逃げのみであれば、初犯なら(傷害の程度が軽微であり示談が成立していれば)執行猶予判決も十分あります。しかし、これに無免許運転が加わると、そもそも基本的な交通ルールを守るつもりもない、ということから、それほど重い傷害でない場合でも、初犯でもいきなり実刑になってしまう可能性が十分にあります。

5.無免許運転で逮捕されたら

当然ですが、無免許運転は犯罪です。仮に無免許運転で逮捕されてしまった場合には、後々の防御の事を考え、適切な対応をしていく必要があります。

まずは、できるだけ早く刑事事件に強い弁護士にご相談ください。泉総合法律事務所は、交通事故関連の刑事事件も多く取り扱っております。実績豊富な弁護士が多数在籍しておりますので、安心して弁護をお任せください。
初回相談は無料となっておりますので、是非一度ご相談ください。

刑事事件コラム一覧に戻る