痴漢冤罪は何故起きる?間違った対応をしないために弁護士が解説!

痴漢

冤罪は何故起きるのか

1.痴漢冤罪は誰にでも起こり得る

あなたは、朝の通勤時間帯の満員電車、乗客に押しつぶされながら立っていました。朝一番で始まる取引先社長との打合せで頭がいっぱいでした。
そんな中、突然前の女性が振り向きました。「この人痴漢です」。もちろん、まったく身に覚えがありません。頭が真っ白になりました。

これは、満員電車で通勤しているすべての男性が巻き込まれる可能性のあるシチュエーションです。

冤罪とは、罪を犯していないにもかかわらず、罰せられてしまうことです。冤罪はその人の人生を大きく狂わせます。

そして、満員電車内での痴漢冤罪事件というのは、誰もにでも起こり得る危険がある事件類型と言えるかもしれません。

痴漢冤罪の理由と問題点は、電車内の痴漢事件に集められる証拠の性質にあります。

2.痴漢の証拠で重視されるのは客観的な証拠(防犯カメラ等)

刑事手続の中で、捜査機関はいろいろな証拠を集めます。指紋や防犯カメラの映像といった客観的な証拠や、被害者、目撃者そして被疑者及び被告人本人の供述などです。

そして、最も重視されるのは客観的な証拠です。客観的な証拠は(その解析に問題は生じ得るものの)基本的には信頼できる証拠と考えられます。人は嘘をつけますが、客観的な証拠は嘘をつけないからです。

2-1.防犯カメラ

たとえば、痴漢をしている人物の顔が識別できるほどしっかりと防犯カメラに映っていれば、通常、その人が犯人で間違いないと言えるでしょう(もちろん、捜査機関などの改ざんが疑われる場合には別の問題が生じます)。

しかし、電車内での痴漢事件の場合には、この客観的な証拠があまり存在しないことが、痴漢冤罪を生み出してしまう危険を高めているのです。

埼京線など一部の路線の一部の車両には防犯カメラが設置されています。しかし、まだまだ数は少なく、ほとんどの事件は設置されていない路線、車両で起きます。

また、仮に設置されている車両での事件であっても、満員電車であれば乗客同士の体で遮られてしまい、決定的な場面は映っていないことがほとんどです。

2-2.着衣のDNA鑑定、繊維鑑定、指紋

女性が触られた部分の着衣に犯人のDNA型が付いているかを調べることもあります。確かに、被疑者の着衣のDNA鑑定でDNA型が検出されてしまえば、被疑者がその服の部分に触れたことは強く推認されるでしょう。しかし、問題は、検出されなかったときに「触っていない」となるのか、ということです。

実はそうは判断されないのです。DNA型が検出できなかったとしても、「着衣にDNAが残らなかっただけで、触ったか触っていないかわからない」と評価されてしまうのです。

同じ問題は、被疑者の手や指から被害者の服(たとえば下着)の繊維が付着しているか、という捜査についても言えます。付着していれば、触れたことが強く推認されてしまいます。しかし、付いていなかったとしても、触れていないことの証明にはならないのです。

触れたけど繊維が付かなかった、もしくは繊維は付いたけれども捜査機関に採取される前に自然と取れてしまった、そう言われてしまうからです。

要するに、これらは捜査機関側に有利な点については強く利用でき、被疑者に有利な点については強く利用できない証拠なのです。

このように、そもそも防犯カメラなどの客観的な証拠が存在することが稀であり、その他の客観的な証拠については被疑者には有利に働きにくいのです。

【参考】痴漢の証拠とは?何を根拠として逮捕されてしまう?

3.被害者の供述の信用性を指摘するのは難しい

被害者の証言

次に、被害者の供述の信用性が問題になります。犯人であることについての客観的な証拠がなくとも、被害者が痴漢に遭ったこと及びその犯人がその被疑者被告人であることを合理的に説明できるとすれば、有罪になってしまう危険はあります。

ほとんどの被害者は、意図的に嘘をついて被疑者を陥れようとしているのではなく、満員電車という現場の状況から、偶然接触したのを痴漢と勘違いしていたり、触っている手を掴み間違えたりしているだけです。

つまり、被害者は、真実被害に遭っており、被疑者に痴漢をされたのだと信じてしまっているのです。この被害者の供述の信用性に疑問があると指摘するのは、なかなかに難しい作業です。

このように、痴漢冤罪事件は被疑者に非常に不利なところから始まります。しかし、被害者の供述の内容や、DNA型などが検出されるか否かは、こちらではコントロールできないものです。

4.痴漢冤罪の弁護は泉総合法律事務所へ

私たちがするべき事は、被疑者の弁解(自分が犯人ではないという主張)が信用できないと思われないようにすることです。

そのためには、逮捕されている場合はもちろん、逮捕されていない場合であっても、警察官や検察官の前でどのような話をするのか、そもそも話をするのか、話をするとして供述調書に署名した方がいいのかなど、いろいろな点について、今後の進展を見据えて判断していかなければなりません。

そこでの対応を間違えれば、冤罪になってしまう危険が高まってしまいます。きちんと対応するためには、痴漢の否認事件についてしっかりと経験のある弁護士を依頼するべきです。

泉総合法律事務所は、多数の痴漢事件の弁護経験がございます。痴漢容疑で捕まってしまったら、お早めに当所の無料相談をご利用ください。

刑事事件コラム一覧に戻る