痴漢 [公開日]2018年1月29日[更新日]2020年6月8日

痴漢は基本的に現行犯逮捕だが、後日逮捕は有り得るのか?

みなさんが「痴漢」と聞いて思い浮かべるのは、電車やバスなどの公共の乗り物で、男性が女性の胸やお尻を触るなどの行為でしょう。

そのような痴漢行為で逮捕されるケースは、現場で犯行が発覚し、被害者、周囲の乗客、駅員から警察に引き渡され、現行犯逮捕や任意同行後の通常逮捕など、即日、逮捕されてしまった事案がほとんどです。

それでは、痴漢をしたけれど、その場では捕まらなかったケースで、犯行日でなく、後日になって逮捕されることはあるのでしょうか?

ここでは、痴漢と後日逮捕について詳しく解説します。

1.痴漢の罪名と逮捕

電車やバスなど、公共の乗物内での痴漢行為には、「迷惑防止条例違反の痴漢」と、「強制わいせつ罪にあたる痴漢」があります。

(1) 迷惑防止条例違反の痴漢

迷惑防止条例は、各都道府県が制定するものです。

例えば、東京都迷惑防止条例では、禁止される粗暴行為のひとつとして、「正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。」、「公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。」(同条例第1項1号)としています。

このように、迷惑防止条例違反の痴漢は、服の上から女性(男性も)の身体を触る場合だけでなく、直接に人の身体に触れる場合にも成立します。

痴漢行為が迷惑防止条例違反とされると、東京都の場合は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金(常習の場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)に処されます(第8条第1項2号、第8項)。

(2) 強制わいせつ罪にあたる痴漢の場合

強制わいせつ罪(刑法176条)は、他人に対し、わいせつな行為を行う犯罪です。
わいせつな行為とは、人の性的な羞恥心を害する行為です。

この犯罪は、次の場合に成立します。

(A)被害者が13歳未満のときは、わいせつな行為をおこなっただけで成立します。
(B)被害者が13歳以上のときは、次の場合に限って成立します。
①被害者を殴ったり、脅したりして、抵抗を著しく困難にしてから身体に触る場合のように、暴行・脅迫を手段として、わいせつな行為を行った場合
②身体の胸・尻・陰部に触るように、暴行(物理的な有形力の行使)それ自体が、わいせつな行為にあたる場合

強制わいせつ罪にあたる痴漢は、6月以上10年以下の懲役刑と大変重いものとなっています。

(3) どちらの罪となるのか?

さて、以上の説明から、電車やバスの中で、被害者の胸・尻・陰部に触る行為は、それが、衣服の上からであろうと、下着に手を入れて直接であろうと、迷惑防止条例違反であると同時に、強制わいせつ罪にも該当することがお分かりいただけたでしょう。

したがって、法律の理屈の上では、2つの罪で処分することも可能なのです。

ただ、実務では、ひとつの罪に問えば十分と考え、衣服の上から触ったケースは迷惑防止条例違反での立件にとどめ、下着の中にまで手を入れて直接に触った場合のように悪質性の高いケースを強制わいせつ罪で立件することが通常です。

二つの類型の違いについて、詳しくは以下のコラムをご覧ください。

[参考記事]

痴漢の罰金、罪名、刑罰~迷惑防止条例違反と強制わいせつ罪の違い

2.痴漢で後日逮捕の可能性

(1) 後日逮捕されるケース

痴漢の後日逮捕は有り得るのか?答えは「はい」です。

例えば、男性が電車の中で女性のお尻を触ったとします。女性が「痴漢です」と声を出したため、慌てて逃げ出し、周りの人たちの追跡も功を奏さずに逃げ切ったとします。

逃げ切れたからもう逮捕されることはないだろうと思っていましたが、警察に後日呼び出しを受け逮捕されてしまうということが有り得ます。

これが、痴漢の後日逮捕のケースです。

このように、痴漢で現行犯逮捕されなくとも、後日逮捕される可能性はあります。

【痴漢は犯行の後日ではなかなか捕まらない?】
痴漢をした場合、後日逮捕がなされる可能性があることは確かですが、実際に起きた痴漢事件の数と比べて、捜査機関の検挙数は低いと考えられています。
まず、痴漢の被害者が捜査機関に対して、被害を申告することが少ないのです。そうすると、捜査機関は痴漢事件が発生したことを知ることはないので、捜査対象となりません。また、事件が発覚しても「人が密集した場所で起きやすい」「犯人が何処の誰かを示す証拠が残りにくい」痴漢は、被疑者の特定が困難な場合が多いのも、その原因です。
しかし、絶対に捕まらないとは言い切れません。被害者が被害を申告して、以下で述べるような証拠が残っていれば、被疑者が特定される可能性は十分にあり得ます。一度逃げたのだから捕まらないだろうと高を括ることは止めておくべきでしょう。

(2) 後日逮捕の原因

では、先の例の被疑者の男性は、何故、後日逮捕されたのでしょうか。

①被害者や周囲の供述

痴漢行為が行われた証拠が、被害者や周囲の供述だけで、しかも、面識のない者の犯行の場合や犯人の顔は見てないなど、犯人を特定できるだけの情報・証拠がない場合は、いくら被害者が被害を申告しても、警察も捜査のしようがありません。

しかし、例えば(珍しいことですが)被害者の知人であったり、被害者は知らなくとも、乗り合わせた乗客が、「いつも、この電車に、○○駅から乗ってくる客だった」などと、犯人特定につながる情報を提供すれば、実際の捜査が開始されるでしょう。

②防犯カメラ

被害者や周囲の供述に犯人特定につながる情報がなくても、防犯カメラで犯人の映像が撮影されている可能性があれば、警察は一応、これを調べます。

捜査の着手後に被疑者が特定される多くの理由は、防犯カメラ映像によるものです。

現在、JRの駅構内やほとんどの私鉄で、改札、エスカレータ及び階段の乗り口・降り口、エレベータの中など至る所に防犯カメラを設置しています。現在では、一部の電車内にも防犯カメラが設置されているようです。

捜査官は、この防犯カメラから入手された映像資料をもとに、被疑者の顔を特定するための捜査を行います。

つまり、入手された被疑者の顔の映像を元に、過去に痴漢行為を行い立件された者の写真リスト、運転免許証の写真、被害者や目撃者の記憶を照合し、被疑者を特定していくことが可能なのです。

③SUICAによる特定

皆さんが持っているであろうSUICAやPASMOから被疑者が特定される場合もあります。

これらのカードには個人情報(氏名、住所など)が記載されている場合があり、防犯カメラに映る改札からの出場の映像、時間、カードの出場時刻を照合することで、誰が痴漢をしたかを特定することも可能です。

3.後日逮捕の実例

泉総合法律事務所で弁護を受任した事件の中には、痴漢を犯した後に逃亡した際、改札口でSUICAを利用したところ、改札口の防犯カメラにSUICAを使用して駅構内から外に出る映像がキャッチされ、後日検挙されたというケースがありました。

これは、SUICAに氏名などの個人情報を入力していたことから、被疑者の特定、逮捕に至ったケースです。

泉総合法律事務所では、弁護の依頼を受けた後、警察官を通じて被害者の連絡先を教えていただき、即座に被害者と示談交渉を開始しました。

その結果、被害者の許しを得ることができ、示談は成立しました。そして、示談書を検察官に提出したところ、有利な事情として考慮してもらうことができ、不起訴処分となりました。

痴漢の刑事弁護は泉総合法律事務所まで

痴漢など絶対にしないと思っていても、ふと魔が差して痴漢をしてしまった、ということは誰にでもあり得ることです。迷惑防止条例違反の行為といえども、逮捕・起訴されたりしますし、処分が罰金であっても前科となります。

不起訴などで最終処分を有利に導くためには、刑事弁護の経験豊富な弁護士に弁護依頼をしてください。

泉総合法律事務所は、刑事事件、中でも痴漢の弁護経験につきましては大変豊富であり、勾留阻止・釈放の実績も豊富にあります。

  • 痴漢をしてしまった
  • 逮捕されてしまった
  • 前科を付けたくない
  • 被害者と示談したい

という方は、お早めに泉総合法律事務所の無料相談をご利用ください

刑事事件コラム一覧に戻る