のぞきは何罪?刑罰は?窃視症という病気の可能性

性犯罪

のぞきは何罪?刑罰は?窃視症という病気の可能性

【この記事を読んでわかる事】

  • 「のぞき」は、軽犯罪法違反(窃視)の罪、迷惑防止条例違反の罪、住居侵入罪に問われる可能性がある
  • 「のぞき」は現行犯逮捕だけでなく、後日逮捕されることもある
  • のぞきで逮捕されたら、被害者との示談成立が釈放・不起訴に不可欠

 

のぞき」という行為について聞いたことはあると思いますが、具体的にどのような罪になるのでしょうか。

また、双眼鏡での「のぞき」や、着替え以外で単に人をのぞき見ることも罪なのでしょうか。

以下においては、「のぞき」の意味、「のぞき」の罪、軽犯罪法違反(窃視)の罪、迷惑防止条例違反の罪、住居侵入罪の関係、後日の逮捕、「のぞき」事件の弁護方法、窃視症とその原因、治療、克服などについて解説することとします。

1.「のぞき」の意味

「のぞき」とは、「覗き」とも書き、「ひそかにうかがい見ること」ですが、法律的な用語としては、「のぞき見」(軽犯罪法1条23号)、あるいは、下記の迷惑防止条例のように、「他人の下着又は身体をのぞき見」、「人の姿態を見」などと用いられています。

そして、軽犯罪法1条23号が、同号所定の「場所」をのぞき見ることを規制しているのに対し、下記の迷惑防止条例は、人の「身体(姿態)又は下着」をのぞき見ることを規制しており、のぞき見る対象が異なっているのです。

ここにいう「のぞき見る」とは、物陰や隙間などからこっそり見ることをいいます。

何の作為もしないのに、自然に又は偶然に見えてしまったような場合は、「のぞき見」には当たりません。

なお、「のぞき見」が都道府県の迷惑防止条例に正面から直接規定されていない場合には、「のぞき」が各条例に規定された「卑わい行為」に該当するとして処理されている例もあるのです。

2.「のぞき」の罪

(1) 軽犯罪法違反の罪

①一般的説明

軽犯罪法1条23号(窃視の罪)は、「正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣室、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者」と規定し、これに該当する者は、「拘留(1日以上30日未満)又は科料(千円以上1万円未満)に処せられる」(同法1条柱書)ことになります。

同23号では、正当な理由がなくて、「人の住居、浴場、更衣室、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所」をひそかにのぞき見た者が処罰の対象となります。

したがって、行為の客体は、上記の場所ということになります。

そして、禁止される行為は、正当な理由がなくて、同号に規定された「場所」を、ひそかにのぞき見ることです。

②「正当な理由がなくて」の意味

「正当な理由がなくて」とは、住居侵入罪等における「正当な理由がないのに」と同様に、「違法に」という意味です。

正当な理由があるかどうかは、具体的事案に即して、社会通念により決せられるべきであると解されています。

③「その他人が通常衣服をつけないでいるような場所」の意味

「その他人が通常衣服をつけないでいるような場所」としては、病院の診察室・処置室等、旅館・ホテルの一室、キャンプ場におけるテント、列車の寝台、船舶の船室、試着室などがあります。

「場所」とは、正確には、「場所の内部」の意味です(最判昭57.3.16刑集36・3・260は、「軽犯罪法1条23号の罪は、住居、浴場等同号所定の場所の内部をのぞき見る行為を処罰の対象とするものである。」旨判示しています)。

そうしますと、やはり場所に関することを要しますから、下記の迷惑防止条例に違反するかどうかはともかく、高所にいる女性のスカートの内部をのぞき、あるいは、低所にいる女性の胸元をのぞくなどの行為は、上記23号に当たらないと解されています。

④「ひそかに」の意味

「ひそかに」とは、見られないことの利益を有する者に知られないようにすることをいいます。見られる者以外の者に知られると否とを問いません。

不特定多数の人の面前で行っても、見られる者に知られないようにすれば、「ひそかに」のぞき見たことになります。

見られる者の承諾があれば、「ひそかに」には当たりません。

⑤「のぞき見る」の意味

「のぞき見る」とは、上記1のとおりです。

また、望遠鏡で見ることはもちろん、カメラやデジタルカメラ、ビデオカメラ、それらの機能を備えた携帯電話機によって、ひそかに見ながら写真や動画を撮ることも、「のぞき見る」に当たるものと解されます。

この場合、のぞき窓や機器に映し出された画面を通してのぞいた時点で「のぞき見た」といえるでしょうから、その時点で既遂に達したものと解することができます。

問題は、カメラやビデオカメラをトイレ内に隠して設置し、行為者が直接視認しないまま隠し撮りや遠隔操作の方法で撮影し、その後、記録媒体を回収してから再生するような場合には、「のぞき見た」といえるかです。

この点に関しては、積極・消極の両説があります。

すなわち、直接視認することによりのぞき見られた場合でも、カメラ等で撮影された場合でも、被害者のプライバシーが侵害されたことには変わりがなく、むしろ、カメラ等で撮影された場合の方が、繰り返し何度も見られたり、第三者にデータが渡ったりする危険性があり、プライバシー侵害の程度が高いことから、人の個人的秘密を侵害するような行為を禁止するという上記23号の趣旨からは、カメラ等による撮影自体が「見た」に当たり、撮影の時点で既遂となると解される(例えば、東京地判昭40.3.8判時405・12、東京高判昭43.1.26高刑集21・1・23、気仙沼簡判平3.11.5判タ773・271、岡山地判平15.1.8裁判所ウェブサイト各参照)とする積極説と、

盗撮機器を設置して、これにより自動的に盗撮する行為は、「人が見るという行為」が存在しないから、「ひそかにのぞき見る」とはいえないとする消極説です。

なお、盗撮機器を直接操作して見て盗撮する行為は、「人が見る行為」が存在しますから、「ひそかにのぞき見る行為」に該当しますし、自動盗撮機器を設置する段階で、対象場所を見ながらピントを合わせれば、「人が見る行為」が存在しますから、それは「ひそかにのぞき見た」といえるでしょう。

【参考】
軽犯罪法違反は誰でも起こし得る!?全条文の具体的なケースを解説
軽犯罪法違反の盗撮とは?迷惑行為防止条例違反の盗撮との違い

(2) 迷惑防止条例違反の罪

迷惑防止条例違反の罪

①一般的説明

いわゆる迷惑防止条例は、都道府県が制定しているわけですが、条例の名称、「のぞき」に該当する行為内容やその罰則にも、都道府県によって違いがあります。

そして、「のぞき」を禁止する場所が、原則は「公共の場所(不特定かつ多数の人が自由に利用できる場所で、道路、公園、駅、公衆浴場などが挙げられます。)」・「公共の乗物(不特定かつ多数の人が同時に自由に利用できる乗物で、汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機、観光地のケーブルカーやロープウェイなどが挙げられます。)」・「公衆(不特定又は多数の人)が出入りする場所」に限られている自治体が多いものの、軽犯罪法1条23号(窃視の罪)と同様の場所を付加している自治体もあり、自治体の条例によっては、同じ場所でも、「のぞき」が不起訴になる場合もあるという問題もあるのす。

ここでは、その違いが分かる、東京都、兵庫県、北海道、神奈川県及び新潟県に限定して、条文を確認することとします。

条例の名称については、東京都、兵庫県、北海道が「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」とし、神奈川県が「神奈川県迷惑行為防止条例」、新潟県が「新潟県迷惑行為等防止条例」としています。

そして、「のぞき」に該当する行為内容については

東京都
「何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。」(5条1項柱書)
「前2号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。」(同項3号)

兵庫県
「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、他人を著しく羞恥させ、又は他人に不安を覚えさせるような方法で、次の各号に掲げる行為をしてはならない。」(4条1項柱書)
「着衣等で覆われている他人の下着又は身体をのぞき見・・すること。」(同項2号)
「前2号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。」(同項3号)
「何人も、公衆浴場、公衆便所、公衆が利用することができる更衣室その他の公衆が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいる場所にいる人に対し、みだりに、次の各号に掲げる行為をしてはならない。」(同条3項柱書)
「姿態をのぞき見・・ること。」(同項1号)
「前号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。」(同項3号)

北海道
「何人も、正当な理由がないのに、次に掲げる行為をしてはならない。」(2条の2柱書)
「公共の場所又は公共の乗物にいる者に対し、著しく羞恥させ、又は不安を覚えさせるような方法で、次に掲げる行為をすること。」(同条1号柱書)
「衣服等で覆われている身体若しくは下着をのぞき見・・ること。」(同号イ)
「ア及びイに掲げるもののほか、卑わいな言動をすること(次号に掲げる行為を除く。)。」(同号ウ)

神奈川県
「何人も、公共の場所にいる人又は公共の乗物に乗っている人に対し、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、次に掲げる行為をしてはならない。」(3条1項柱書)
「前各号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。」(同項3号)
「何人も、人を著しく羞恥させ、若しくは人に不安を覚えさせるような方法で住居、浴場、更衣室、便所その他人が通常衣服等の全部若しくは一部を着けないでいるような場所にいる人の姿態を見・・てはならない。」(同条2項)

新潟県
「何人も、道路、公園、広場、駅、空港、ふ頭、興行場、飲食店その他の公衆が出入りすることができる場所(以下「公共の場所」という。)又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機その他の公衆が利用することができる乗物(以下「公共の乗物」という。)にいる人に対して、正当な理由がないのに、不安を覚えさせ、又は羞恥させるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。」(2条1項柱書)
「人が通常衣服等で隠している下着又は身体をのぞき見・・すること。ただし、第3項に該当するものを除く。」(同項2号)
「前2号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。ただし、第4項に該当するものを除く。」(同項3号)
「何人も、集会所、事務所、教室、タクシーその他の特定かつ多数の者が利用するような場所又は乗物にいる人に対して、正当な理由がないのに、不安を覚えさせ、又は羞恥させるような行為であって、前項第2号に掲げるものをしてはならない。」(同条2項)
「何人も、住居、浴場、更衣室、便所その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所にいる人に対して、正当な理由がないのに、不安を覚えさせ、又は羞恥させるような行為であって、第1項第2号本文に規定するものをしてはならない。」(同条3項)

と規定しています。

②処罰

罰則については、

東京都・兵庫県・北海道・新潟県:6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
神奈川県:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

常習の場合
東京都・兵庫県・北海道・新潟県:1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
神奈川県:2年以下の懲役又は100万円以下の罰金

と規定されています。

【参考】迷惑防止条例違反と強制わいせつ罪~痴漢の罪名、罰則、罰金とは?

③裁判例

北海道の上記条例2条の2第1項4号(現・2条の2第1号ウ)にいう「卑わいな言動」とは、社会通念上、性的道徳観念に反する下品でみだらな言語又は動作をいうと解されています(最決平20.11.10刑集62・10・2853、判時2050・158、判タ1302・110)。

この判例の趣旨から、人を著しくしゅう恥させ、人に不安を覚えさせるような行為が、「卑わいな言動」に当たることもあり得ることになります。

そして、「平成25年8月16日午前7時50分ころ、神戸市東灘区の道路にある深さ約60cmの側溝にあおむけに寝そべり、格子状のふたの隙間から通行中の30代の女性のスカートの中をのぞき見した」という事案に関し、兵庫県の上記条例違反(卑わいな言動)の罪に該当するとして、派遣社員の男性(当時28歳)が略式起訴され、罰金50万円に処せられています(神戸簡裁平25.11.19)。

(3) 住居侵入罪

正当な理由がないのに、人の住居又は人の看守する邸宅・建造物・艦船に侵入すれば、住居侵入罪が成立します(刑法130条前段)。

なお、人の看守する店舗や公共建造物などの建物に侵入した場合には、建造物侵入罪といわれます。

以下では、便宜上、住居侵入罪として説明します。

住居侵入罪は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金が科せられます。未遂も処罰されます(刑法132条)。

「のぞき」との関係でみますと、人の住居をのぞき見るため、その囲繞地、つまり、庭先などに立ち入った場合は、住居侵入罪が成立します。

【参考】住居侵入罪は身近な犯罪?住居内部に侵入しなくても逮捕されるのか

3.各犯罪の関係

(1) 住居侵入罪と軽犯罪法違反の罪及び迷惑防止条例違反の罪の関係

住居侵入罪と軽犯罪法違反(窃視)の罪の関係は、牽連犯となります(最判昭57.3.16刑集36・3・260)。

また、住居侵入罪と迷惑防止条例違反の罪との関係も、牽連犯になると解されます。

(2) 軽犯罪法違反の罪と迷惑防止条例違反の罪の関係

軽犯罪法違反(窃視)の行為が、同時に上記のような迷惑防止条例の規定に触れることとなる場合は、軽犯罪法違反(窃視)が「場所」をのぞき見ることを規制しているのに対し、迷惑防止条例が「人の下着又は身体(姿態)」をのぞき見、あるいは、「人に対し卑わいな言動」をすることを規制しており、「場所」と「人」というように、対象が異なっていることからすれば、両者の罪質の相違に鑑み、両罪が成立し、観念的競合の関係に立つものと解されます。

4.後日の逮捕

「のぞき」では、現行犯逮捕されるだけでなく、防犯カメラの映像などから犯行が発覚し、後日、逮捕されることもあります

5.「のぞき」事件の弁護方法

「のぞき」行為の事件については、被害者に対する謝罪はもとより、被害者との示談が重要になります。

被害者から警察に被害届が提出される前であれば、謝罪等を通して、事件化を防ぐことも可能になります。

仮に警察に被害が届けられた後であっても、示談をすることによって、不起訴の可能性も出てきますので、法律のプロである弁護士を介して、被害感情にも配慮した示談をすることが望ましいことになります。

そして、弁護士としては、検察官あるいは裁判官に対し、窃視症の原因、治療などを主張するとともに、窃視症の克服を通して更生の可能性があることを明らかにすることも重要な弁護活動になります。

6.窃視症とその原因、治療、克服

窃視症とは、人が服を脱いだり、裸でいたり、性行為をしている姿を気づかれることなくのぞき見ることによって性的興奮を得ることをいいます。

窃視症は、性倒錯あるいはパラフィリアの一形態です。窃視症では、性的興奮をもたらすのは、観察している相手との性行為ではなく、観察する(のぞき見する)という行為です。

臨床医学では、6か月間を超えて強い衝動や行動が続いているか、強い衝動や行動によって苦痛や対人関係上の問題を生じているかが、診断基準になっているようです。

窃視症の原因としては、幼少期の厳しいしつけやトラウマ、女性へのコンプレックス、現在の仕事のストレスと自分とのギャップ、家庭の事情などが考えられるとされています。

窃視症の治療としては、精神科に行って、精神カウンセラーのカウンセリングを受け、認知の歪みを矯正してもらうことが望ましいとされています。

そして、その場合、知人に会う可能性が低い、少し離れた病院を探すこと、窃視症の治療が可能かどうかを事前に電話で確認すること、実際に「のぞき見している(いた)」かどうかには触れず、窃視の衝動の強さを医師に伝えること、が気をつけるべき点とされています。

窃視症を克服するためには、その原因を探ることが大事になりますが、例えば、原因がストレスであれば、薬でストレスを和らげたり、心理療法によって認知の歪みを矯正することによって、のぞき見行為を克服していくことになります。

【参考】盗撮の再犯率・常習化率は高い!盗撮の心理、カウンセリングについて

7.まとめ

痴漢・盗撮と並び、のぞきもまたつい魔が差して行ってしまいがちと言われる性犯罪の一つです。

刑事事件は、どんなきっかけでいつ自分が被疑者になってしまうか分かりません。のぞきや痴漢・盗撮で逮捕されてしまったら、すぐに泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

刑事事件コラム一覧に戻る