大麻所持で逮捕されたが大麻と知らなかったら不起訴になるの?

薬物事件

大麻所持で逮捕のイメージ

1.大麻を吸うとどうなるか?(効能・副作用の議論について)

近頃、芸能人をはじめとして若者の薬物汚染について、連日ワイドショー等で大きく取り上げられています。売買・営利目的の輸入や室内栽培、種や苗の譲渡・譲り受けなど内容は様々です。

又、逮捕された方の中には、「大麻の正当性や効能」について持論を展開されるケースも少なからず見受けられます。「世界では合法化されているところもある、どうして日本では吸ってはいけないのか」と。

またインターネット上でも、大麻の合法化・解禁をめぐる熱い論争もふたたび活発化しているようです。「大麻は吸引しても、微量なら依存症も副作用もなく無害だ」との主張に対し、「常習的に吸うと幻覚や妄想が強くなるし、体への影響も大きく危険性が高い」との反発の声もあります。

これらの議論自体は一旦横に置くとしても、「大麻所持」は痴漢や詐欺などと同様、刑事事件としては身近に存在する罪であることは間違いないでしょう。まったく身に覚えがないのに「大麻所持の現行犯」で警察に逮捕されることすらもあるのです。

今回は大麻と知らず所持し、大麻取締法違反で現行犯逮捕されてしまった方のケースをご紹介致します。

2.大麻取締法違反での逮捕の流れ(否認の場合)

以前取り組んだ刑事事件ですが、大麻(別名:マリファナ、葉っぱ、モク、ガンジャとも呼ばれます)の所持の現行犯逮捕の刑事事件の弁護を、ご家族から依頼されたことがあります。

大麻所持で現行犯逮捕されたこと以外の具体的事情は、警察からご家族は聞かされていないので、依頼を受けてすぐに警察署に出向いて、被疑者に接見して、詳しく薬物所持現行犯逮捕の経緯を聞き取りました。

被疑者は大麻とは知らなかったとのことでした。被疑者は公的資格所有者であることがわかり大麻所持で起訴されれば公的資格を取消されることがわかりましたので、何が何でも不起訴を勝ち取らなければならないとの思いを強く持ちましたが、現行犯逮捕ですので、被疑者の違法薬物とは知らなかったとの主張が検察官に受け入れられて不起訴となるのにはハードルがかなり高いと考えました。

そういうこともあり、現行犯逮捕された場所などの状況を聞き取り、被疑者本人から聞いた場所に時間をかえて数回出向いて被疑者の主張が処分を決める検察官からどう受け止められるか自分の目で確かめるとともに、何か刑事弁護に役立つ情報などが得られないか確認しました。具体的なことは申し上げられませんが、戦う余地はあると判断して弁護の方針を立てることにしました。

3.精密検査・尿検査は拒否できるか?(結果が出るまでの期間について)

違法薬物かどうかは簡易検査キットで判断されますが、簡易検査キットは正確性が十分ではないことから、違法薬物かどうかは警察の科学捜査研究所(以下、科捜研という)で精密検査を受けてその検査結果で確定されます。

その検査にかかる時間は科捜研の事情にもよりますが、2週間前後かかるとお考えください。逆に言えばそれまでは検査結果がでませんので釈放されることなく勾留されることになります。

2週間前後で検査結果が出るということは10日間の勾留にさらに勾留延長されることになります。

違法薬物かどうかの検査は所持していた物が押収され、その押収されたものを検査するので拒否することは困難です。

違法薬物を所持していたということは所持にとどまらず使用していた可能性も高いことから違法薬物かどうかの検査に加えて違法薬物を使用していたかどうか尿検査も通常行われます。この検査も科捜研で行われますが2週間前後かかるとお考え下さい。

尿検査を拒否することは違法薬物かどうかの検査と異なり、任意の検査を拒否することはできますが、拒否したら強制採尿の令状を警察は取り付けてカテーテルで強制的に尿管から尿を採取して検査することになるので、任意の検査を拒否しても無駄な抵抗となります。

4.現行犯逮捕の場合でも、懲役・実刑を回避できるか?

違法薬物が簡易検査キットで黒と判定されたら科捜研での検査も通常黒と考えて弁護するのが通常です。しかも、違法薬物所持の現行犯逮捕ですから、違法薬物所持という犯罪の客観面については争う余地がないことになります。

そこで、弁護は違法薬物であることを知っていたかどうかという認識、故意の有無が焦点となり、その点に重点を置いた弁護活動を行うことになります。

5.未必の故意とは。大麻所持の故意はどう認定されるのか?

違法薬物としての認識の有無については司法関係者には有名な最高裁判例があり、違法なものとの認識があれば違法薬物だとの認識がなくとも違法薬物の故意があるとの判例です。加えて、故意は確かに犯罪と認識していた場合に限らず、もしかしたら犯罪かもしれないとの認識も故意があるとされています。

違法薬物所持の故意だと、もしかしたら違法かもしれないとの認識があれば、違法薬物所持の故意があることになります。

犯罪かもしれないとの認識は刑法の用語で未必の故意と呼ばれています。この事件に限らず、故意を争う場合においては、未必の故意と認識がなかったという場合とは微妙な違いですから、誤解されないように十分注意しなければなりません。

6.警察の自白強要をチェックする“被疑者ノート”とは?

弁護方針は違法薬物の認識がないことが事実そうであれば被疑者本人に取り調べで認識がないことを供述してもらい、その供述を維持してもらうことになります。

逆に言えば警察は被疑者から先ほど述べた、違法なものかもしれないと思ったという未必の故意の供述、自白を引き出すための取り調べをしていきます。

違法薬物の現行犯逮捕で、違法薬物所持の故意を否認している場合ですし、薬物事件では警察は非常に厳しい態度をとるものですから、警察も連日長時間の厳しい取り調べをして精神的に追い込み自供に追い込んでいきます。

今回に限らず、被疑事実を被疑者が争う場合には、日弁連作成の被疑者ノートを差し入れます。被疑者ノートは取り調べの状況や取り調べ内容をその都度被疑者に書いてもらい、問題ある違法な取り調べ(長時間に及ぶ取り調べも時によっては違法な取り調べになることがあります)がないかどうか弁護士がチェックし、問題があれば警察署長に抗議を行い、起訴された場合には違法な取り調べに基づく自白を理由として無罪を目指して争うことになります。

また、被疑者ノートを差し入れることで、取り調べにあたる警察官は違法な取り調べをすれば被疑者ノートに記載され証拠となるため違法な取り調べを自重するという効果を期待できます。

逮捕の後は10日間勾留(通常さらに10日間勾留延長となります)となりますが、勾留も経験上5日を過ぎると初犯の場合多くの方は精神的に参ってくるものです。そこを警察は厳しい取り調べで精神的に追い込んでくるのです。否認の場合は当然のこととして勾留延長して合計20日間厳しい取り調べが続くことになります。

7.警察の厳しい取り調べ&弁護士の接見による励まし

被疑者には警察の取り調べが極めて厳しいものになることを事前に伝えるとともに、所持した物が違法なものかもしれないとの供述を必ず取りに来ること、そこで認識にかかわることは一切供述しないように助言しました。

供述しないことは黙秘権という憲法上の権利ですから何ら問題はありませんから不利になるのではないかとの心配は無用です。

被疑者は日を追うにつれて厳しい取り調べで精神的に参っていましたので、警察の誘導に乗って虚偽の自白の供述をする可能性があると判断して、毎日深夜になっても接見し(終電で帰宅したことも何度もありました)取り調べにあたっての注意点、違法なものかもしれない供述はどんなに精神的につらくてもしないこと、そもそも認識にかかわることは供述しないことを何度も念押しし、同時に励ましつづけました。

8.20日間の勾留期間は終了し、ついに不起訴獲得へ

毎日接見して励ましつづけて、勾留延長を含め20日間の勾留満期を迎えました。起訴は免れないと思っていたところ、不起訴という思いがけない喜ばしい結果となりました。懲役、実刑をもちろん免れました。逮捕勾留で合計22日間毎日、接見に通い続けて本当によかったと心の底から思ったものです。違法薬物の種類によっては不起訴となることも少なからずありますので、経験ある弁護士に刑事弁護を依頼することをお勧めします。

 

逮捕勾留した身柄事件の場合には、逮捕で2日ないし3日、勾留で延長含めて最長20日間以上は身柄拘束できないことになっています。

ただし、別の事件で再逮捕となることはあります。勾留期限までに検察官は起訴するか不起訴か処分保留として釈放しなければならないことになっています。

不起訴といっても処分保留の不起訴ですと、その後は任意捜査を続けることもあり、起訴できる証拠を収集できた場合には起訴することができます。もっとも、このような形での起訴は稀といえます。

9.元アイドルの大麻所持事件で釈放

元アイドルが大麻所持で逮捕され、懲役刑・実刑となることもなく、処分保留で釈放されました。

この場合の大麻の所持は車内(車の床?)に大麻があったというもので、直接身に着けていたり持っていたりしたわけではないこと、自分のものではないと否認したため、体内から大麻が検出されたものの、このコラムで取り上げたように、所持していたとされた大麻について大麻所持の認識、故意の立証が難しいこと客観的に所持といえるか難しいと検察官が判断して釈放となり今後は任意捜査となったものと思われます。

10.知っておくべき薬物事件の刑事弁護の特徴

違法薬物事件の場合、違法薬物であることが科捜研の精密検査で判明すれば争う余地はありません。争う余地があるとすれば本コラムで取り上げたように認識、故意の有無となりますが、認識、故意を検察官が裁判(公判)で立証することが容易でない、いいかえれば確実に有罪に持ち込めないと判断した場合には不起訴とするのが通常です。

検察官にとって無罪判決は絶対避けなければならないものだからです。無罪判決を絶対避けるということは冤罪を出さないということでもあるのです。その意味では、逮捕されたから必ず起訴されるわけではありません。

11.不起訴を目指すためには弁護士が必ず必要です

証拠が十分かどうかで検察官は起訴するかどうかを判断しますが、一番の証拠は自白ですので、警察は否認している場合で証拠が十分ない場合には何としても自白を取ろうと今回のように連日厳しい取り調べをして精神的に追い込み自白を取りに来ます。そのような意味でも、刑事事件の重大性から弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

12.大麻等の薬物事件で逮捕されたら泉総合の弁護士にご相談を

大麻等の薬物事件で逮捕された方やそのご家族は、まずは一刻も早く弁護士に相談する必要があります。

様々な調査や検査をしつつ最大20日間の勾留生活を過ごしながら取り調べを受け続けるのは精神的にも大変な苦痛を伴います。

弁護士が接見し、励まし、被疑者ノートの差し入れやその他さまざまな助言をすることがとても大切なのです。

泉総合法律事務所では、薬物事件の被疑者の弁護活動も行っております。首都圏の東京、神奈川、埼玉、千葉などで多数の刑事事件弁護の解決実績がある当所にご相談ください。

刑事事件コラム一覧に戻る